蛭間院長がピコ太郎に!?『ドクターX』で西田敏行さん演じる蛭間院長がペンとメロンを持って「ニセPPAP」披露 2016.11.17 21:52 UP

11月17日放送のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』にて、西田敏行さん演じる蛭間院長が「PPAP」のような動きを見せる演出があった。

ピコ太郎「PPAP」パロディで西田敏行さんが「ペンメロペンメロペンメロ…」


『ドクターX』といえば、オペが無事終わった後に神原所長(岸部一徳)が蛭間院長に請求書とメロンを持っていくのがおなじみ。

第6話では神原所長がペンとメロンを持って院長室に参上。すると蛭間院長は左手にペンを持ち「アイ ハブア ペン」。
右手にメロンを持ち「アイ ハブア メロン」。続けてふたつをくっつけ「ウーン!ペンメロペンメロペンメロペーン…」とつぶやいた。

これに対しTwitterでは「院長がピコ太郎になっちゃった」と実況ツイートが続出。まさかの「PPAPパロディネタ」にネット上は盛り上がった。










<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp