『劇場版 艦これ』は救いのあるR-TYPE!? Twitterの感想まとめてみました 2016.11.26 12:59 UP

11月26日、人気ブラウザゲームの映画版『劇場版 艦これ』が公開された。

Twitterには早くもユーザーによる感想ツイートが出現。絶賛の声が多く投稿されている。

似ているとされる「R-TYPE」の裏設定を解説


感想ツイートのなかで注目されているのが、「『劇場版 艦これ』は救いのある「R-TYPE」ぽい」という意見。

「R-TYPE」は1987年にリリースされた横スクロールシューティングゲーム。多くの続編、スピンオフ作品が発売されている。

ネット上ではその「グロい裏設定」が話題に。「機体に乗るパイロットは手足を切り落とされ、胴体と頭のみで搭乗。生体コンピュータユニットとして脳が機体に直接リンクし、操縦する」
といったものや、シリーズによっては「パイロットになるため23歳の女性が14歳の肉体年齢に幼体固定される」などと言われている。

また「敵対勢力の存在《バイド》が実は人間の未来の姿で、バイド化してしまった人間はいつか地球に帰れる日を信じて宇宙をさまよう」という設定もあった。

『劇場版 艦これ』がR-TYPEっぽいとする人たち









<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp