12月31日は「大晦日」。
「晦日(みそか)」はもともと「みそか(三十日)」と書き、「月の三十日目」を意味していましたが次第に月末を表すようになりました。ここから年内で最後の晦日を「大晦日」と言うようになり、新年に年神様(正月様)を迎えるための行事として定着しました。また、年神様は神道に伝わる稲の神で、稲の実りをもたらす神とされています。

そばを大晦日に食べる風習は、江戸の中期から始まったといわれています。
由来についてはそばは細く長く伸びることから、長寿や運気が長く続くようにという縁起を担いでいたり、そばが切れやすいという性質を持っていることから、旧年の悪い縁や災いを切るという説など、多くの説があります。

本日誕生日を迎える著名人





本日誕生日を迎えるキャラクター











<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶