中居くん SMAPとして最後のラジオ「サムガ」が終了 ラストに流した曲は「CAN'T STOP!! -LOVING-」 2016.12.31 23:28 UP

NHKで「紅白歌合戦」が放送されている12月31日の23時、ニッポン放送でラジオ番組「中居正広のSome girl'SMAP」(通称、サムガ)がスタートした。

SMAPとして、中居さんが同番組のパーソナリティを担当するのは今回の最後。中居さんはファンの活動などに触れつつ、最後はSMAP各メンバーの名前を大声で叫び、番組をしめくくった。

ついランではリアルタイムでツイートを更新する「ながら見モード」が便利!

『SMAP』に関するリアルタイムツイートはコチラ!


ファンの署名運動はちゃんと知っていた中居くん


SMAPが解散を正式発表して以来、ファンたちは「どうにかグループを存続させよう」と署名運動などの活動を続けてきた。
中居さんはラジオ内でそんな活動に言及。「ファンの頑張りはちゃんと届いている」とメッセージを投げかけた。

また21日にリリースされたベストアルバム「SMAP 25 YEARS」についてもコメント。
同アルバムはファンの投票で収録される楽曲が決められており、「SMAPの一番近くで僕は見てますし、SMAPを一番肌で感じてる、SMAPファンである僕としては、みんなとほぼほぼ変わらない選択だったなぁって。そんなベストアルバムだなあって。あ、結構一緒じゃんって思いながら、聴かせていただきました。と話した。

番組の終盤では「もっともっと言わなきゃいけないこととかあったと思います」と前置きをした上で「このへんで勘弁していただきたいなと思います。少し来年はゆっくりしたいなって。28年ていうのはあっという間だったとは思わないですし、僕は性格的なのか知らないですが、前ばっかり見れるタイプじゃなくて、ちゃんと自分の足跡、どこで立ち止まったのかなとか、どこで道草を食ったのかなとか確認しつつ、前に進みたいタイプなんですよね。来年はどうしよっかとか全く考えてないんですよね。しっかり噛み締めながら進んでいきたいと思いますね。」と、ひとつひとつの言葉を噛み締めるように話した。

そしていよいよ放送のラスト。「最後一曲お送りしますが、これは僕の一心で決めさせていただきました」と言い「ちょっと声張りますね(飲み物を飲む音)」、「慎吾ー!!剛ー!!吾郎ー!!木村ー!!SMAPー!!じゃねー!!バイバーイ!!」と叫び、番組を締めくくった。

最後に流れた曲は1991年リリースの「CAN'T STOP!! -LOVING-」。
これを聴いたリスナーからは多くの感想ツイートが投稿された。

「サムガ」ラスト放送への感想












<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<音楽の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶