【ネタバレなし】『3月のライオン』実写映画版感想まとめ 2017.03.18 15:50 UP

羽海野チカさん原作の映画『3月のライオン』(前編)が18日、劇場公開を迎えた。
本作は17歳の高校生プロ棋士・桐山零(神木隆之介)を主人公とするヒューマンドラマ。零が宿敵や友人と闘う将棋界を中心に、零を取り巻く人々との葛藤を描く。

Twitterには感想ツイートが早くも登場。神木隆之介さんへの絶賛を始めとして、4月22日公開の「後編」を待ち望む声も出始めている。

『3月のライオン』前編の感想ツイート(ネタバレなし)











ぼくのりりっくのぼうよみが歌う主題歌は?







この記事で出たワードのプロフィールをおさらい/昨日1日のツイート数へリンク
『ぼくのりりっくのぼうよみ』
高校3年生にして1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューしたアーティスト。楽曲「Be Noble」は『3月のライオン』の主題歌。雑誌「文學界」にエッセイを寄稿するなど才能が多岐にわたる。ざっくり言うと"天才"。


次の記事を読む

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!