東野圭吾氏の「ラプラスの魔女」を三池崇史監督が映画化する。主演は櫻井翔。広瀬すず、福士蒼汰も共演することが明らかにされた。 2017.03.20 08:43 UP

本作品は、東野氏が「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました」と公言。発売から1ヶ月で28万部突破。東野圭吾が小説の常識をくつがえした空想科学ミステリを、三池崇史監督が映画化する。櫻井氏と三池氏は「ヤッターマン」以来約9年ぶりのタッグ。広瀬すず、福士蒼汰も初参戦で、否が応にも注目が集まる。





<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶