高橋一生が朝ドラ出演決定!10月期「わろてんか」でヒロインのフィアンセだった役 2017.04.20 13:13 UP

俳優の高橋一生さんが、NHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演することが発表された。

役柄はヒロイン・藤岡てん(葵わかな)さんの"結婚相手になるはずだった"青年実業家・伊能栞(いのう・しおり)。そのほかのキャストとして、てんの夫・北村藤吉役に松坂桃李さん、てんの両親役に遠藤憲一さんや鈴木保奈美さんが決まっている。

もともと舞台上で高く支持されていた高橋さん。最近は『カルテット』への出演によってその人気を確固たるものにしている。
そんな高橋さん演じる伊能栞は「てんが北村藤吉を好きだと知っていながら、てんを後押ししてやる度量の広い男」だという。どことなく『カルテット』で世吹すずめに想いを寄せる家森諭高を連想させるが、はたしてどんな人物に演じられるのだろうか。

『わろてんか』は現在放送中『ひよっこ』の次の連ドラで10月2日スタート。

伊能栞:キャラクター詳細


青年実業家。大阪の薬品会社の社長の息子だが、正妻の子ではない。そのため、神戸で貿易会社を立ち上げ実家と距離を取る。
エンターテインメントに関心を持ったことから、てんや藤吉と親交を持つ。
ゆくゆくは日本に華やかなショービジネスを根付かせるべく奮闘。東京生まれの東京育ち。

『わろてんか』あらすじ


明治から昭和始めの大阪を舞台に、いつもポジティブなヒロイン・藤岡てんが奮闘する。
てんは幼少期から厳しい父により「人前で笑うな」としつけられてきた。しかし「人生には笑いが必要」と考える米穀商の跡取り息子・藤吉と出会い人生が一変。親の反対を押し切って駆け落ち、結婚する。

そこからてんが"笑い"をビジネスにした日本で初めての女性といわれるまでの過程を描く。

イセクラ(高橋一生さんのファン)から喜びの声









次の記事を読む

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<芸能人の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶