高崎晃「無念」!LOUDNESS(ラウドネス)が米国に入国審査で断られツアーを中止!? USツアー再開催へ意欲 2017.04.21 11:32 UP

ヘヴィメタルバンドのLOUDNESS(ラウンドネス)がツアーのため米国を目指すも、入国審査で拒否され日本に送り返される事態が起こった。
いったいなぜこんなことが起こったのか。Twitterでは「米国政府が新たに置いた、外国人に対する厳しい入国審査方針のせい」との意見も出ている。

元レイジーの高崎晃さんと樋口宗孝さんが結成


LOUDNESSは、ロックバンド(LAZY)のメンバーだった高崎晃さんと樋口宗孝さんによって80年代初頭に結成。以後わずか数年で、ビルボードTOP100にアルバムが食い込むなど快挙を成し遂げている。

Twitterには「LOUDNESSほど有名なバンドでもだめなの」とショックをあらわにするツイートも。4月19日現在は公式サイトで特に発表はなく、ツアーが今後どうなるのかなど注目が集まる。










続報:帰国してファンに謝罪→ツアー再開へ意欲






上記ツイートは、LOUDNESSのギタリスト・高崎晃さんのツイート。日本に帰国したことを伝えた上で、「またツアーを再開出来るよう頑張ります」とリベンジに向かっていることを明かした。
バンドの公式サイトでも今回の事態について説明。「この度は、諸事情によりアメリカで予定していたスケジュールを急遽延期せざるをえなくなりましたことをお詫び申し上げます」と謝罪している。

一部報道メディアによると、バンドはこれまでと同じく空港窓口で、主催者側から受けた招待メールの写しを係員に見せた。しかし「ビザがないとダメ」と拒否されたという。

次の記事を読む

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<音楽の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶