なぜ?枚方のペット霊園「宝塔」が事前の通知なく突然閉園 2017.04.21 11:02 UP

大阪府枚方市に構えられたペット霊園の宝塔が、利用者に事前の通知なくいきなり閉鎖された。
今回の事態は4月19日、Twitterユーザーが宝塔の様子を写真で公開したことから発覚。
投稿者いわく、現地には閉園を知らせる注意書きが2枚あったのみ。動物の骨は掘り返されて山積みになっていたという。

現場には閉園を知らせる2枚の紙があるだけ…


以下がペット霊園「宝塔」に置かれていた2枚の注意書きの全文。その内容は非常に簡素で、事務的な文面が並んでいるだけである。

閉園

平成29年1月末日をもって当園は閉園しました。順次取壊・解体・撤去・整地の後、地権者へお返しします。ご愛顧ありがとうございました。

H29.4月より工事に入ります。
このお彼岸が最後のお参りとなります。写真など思い出の品をお持ち帰り下さい。
残りはいらないものとして対応しますのでよろしくお願いします。


「宝塔」利用者から悲痛なツイート


突然の閉鎖が明るみに出たことで、Twitterでは「自分も宝塔を利用したことがある」と話す人も。なかには宝塔の経営事情について「ペット霊園を開業した先代のあとをついで、現社長がひとりで全て運営していた」との証言もある。








ペット霊園そのものは閉鎖されていたものの、なぜか宝塔の公式サイトだけはまだ公開されている様子。ただしページに掲載された電話番号にかけてもつながらず、詳細は謎のままである。

次の記事を読む

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶