抗議殺到の渡辺麻友主演ドラマの新タイトルは「サヨナラ、えなりくん」に決定! 「え、なんで…」困惑の声続々 2017.04.21 17:30 UP

テレビ朝日がAKB48の渡辺麻友さんを主演に4月から放送する連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトルに対し秋田県が抗議していた件で、新しいタイトルが「サヨナラ、えなりくん」になったことが明らかになった。
このドラマは渡辺さん演じる「桐山さおり」が自分を裏切った男性の局部を切断するなどして成敗するというストーリーと説明され、昭和11年に女が交際中の男性を殺害し局部を切断した阿部定(あべ・さだ)事件に言及していた。
 このように、ドラマタイトルで「きりたんぽ」が男性の局部切断の暗喩で使われていたため、秋田県庁やきりたんぽ発祥の地・鹿角市、本場の大館市、北秋田市の市役所に「下品で不快」などの意見が殺到。県観光戦略課あきたびじょん室が「郷土料理のイメージダウンにつながる」などとして口頭でテレビ朝日に抗議していた。

でも何で「えなりくん」?


ドラマはタイトルも内容も一新。理想の恋愛を追い求める桐山さおり(渡辺麻友さん)と、えなりかずきさんが演じる腹黒男が純愛コメディーを繰り広げるストーリーに変更された。
なお、関係者によると、きりたんぽは作中のどこにも登場せず、阿部定事件の要素も一切含まれないという。

Twitterでの感想は?







「サヨナラ、えなりくん」予告編はこちら


<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶