築地の老舗「佃權」が後継者不足などの理由により練り物製造から撤退!? 2017.05.20 07:00 UP

創業140年を超える老舗の練り物屋、築地の「佃權(つくごん)が6月末で練り物製造販売から撤退することがわかった。
店頭には常時60~70種類が並び、場内の工場で毎日職人が手作りする練り物は、多くの人に愛されてきたが、築地市場の豊洲移転問題など環境の変化に加え、職人の継承者不足、食生活の変化なども踏まえ、製造販売を終えることを決めた。

Twitterでは、名物店の味を惜しむ声が次々と。






















ぜひ週末に思い出の味を買い求めたいと思う。

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<グルメの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶