【画像】東京湾がエメラルドグリーンに!実は生態系に大ダメージ!?「青潮」って何? 2017.06.19 19:10 UP

今朝がたから多くのTwitterユーザーが「東京湾がエメラルドグリーンできれい」と写真付きで投稿している。
しかし、一見美しく見えるこの現象、実は海の生態系が危機に瀕している証だという。
そこで今回は海がエメラルドグリーンに染まる現象「青潮」について紹介する。

エメラルドグリーンやミントチョコ色でハワイの海みたいな東京湾






ところで、「青潮」って何?


青潮は、閉鎖された空間で赤潮が起こることでプランクトンが大量に死に、死骸が沈殿することで起こる現象。
海がエメラルドグリーンに見えるのは、プランクトンの死骸が分解された際に大量の酸素が消費されて貧酸素水塊が発生。
この貧酸素水塊が強風などの影響によって水面に上昇した時に、貧酸素水塊貧に含まれた硫化水素が大気中の酸素と化学反応を起こすからだと言われている。
(理科年表オフィシャルサイト「赤潮・青潮はなぜ発生するの?」より引用)
▶「理科年表」公式サイトはこちら

どうして問題なの?


青潮の中では、酸素不足で魚や貝が生きることができない。そのため、魚介類の水揚げに影響が起こり、漁業ができなくなる。
また、基本的に赤潮や青潮はきれいな水では発生しない。そのため、青潮が起こるということは東京湾の水質に問題があることを示している。

「TOKIOが心配」などTwitterでの意見は?




<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶