7月度・ついランワード別アクセスランキング発表!果たして1位は? 2017.08.08 18:00 UP

ついランではTwitterでつぶやかれたワードを個別ページで閲覧可能。「なぜTwitterトレンドになっているのか」「映画やドラマ、アニメへの素直なみんなの感想」がひとめでわかる。
そこで、7月に最もよく閲覧されたワードTOP10をご紹介。
上位にランクインするのはニュースの中心人物?それとも話題の新商品?それとも…。

7月度・「ついラン」でよく閲覧されたワードTOP10



  1. 忍びの国

  2. 大野智

  3. 堂本剛

  4. 相葉雅紀

  5. ノーゲーム・ノーライフ・ゼロ

  6. 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

  7. 僕たちがやりました

  8. 貴族探偵

  9. 木村拓哉

  10. 家、ついて行ってイイですか?


集計期間:2017年7月1日~7月31日
集計範囲:上記期間中の「ついラン」へのサイトアクセス




2位以下に圧倒的大差をつけて1位を獲得したのは映画「忍びの国」。応援上映情報や感想など話題に事欠かず、コンスタントに閲覧されている。
また、2位にランクインしているのが「忍びの国」に主演した嵐の「大野智」さんであることからも、大野ファンの熱さ、関心度の高さが見て取れる。

3位には「堂本剛」さんがランクイン。主演ドラマ「僕らの勇気未満都市」の続編放送、重要な役柄で出演した映画「銀魂」のヒット、7月20日のKinkikidsデビュー20周年など話題が盛りだくさんだった堂本さん。
しかし、そんなデビュー20周年企画が進行中に突発性難聴で入院。多くのファンが容体を心配してアクセスが殺到したと思われる。

4位は主演ドラマ「貴族探偵」が幕を閉じた嵐の「相葉雅紀」さん。
ドラマ「貴族探偵」も8位にランクインしているほか、7月から「ソフティモ ナチュサボン」のCM放送がスタート。CMのオンエアなどで関心が集まり、多くの人が「ついラン」にアクセスしたと思われる。

5位は大ヒットライトノベルが原作のアニメ映画「ノーゲーム・ノーライフ・ゼロ」。
7月15日に映画版が公開され、口コミでの感想を求めた方がツイートの詳細を見に訪問したと思われる。


単純なツイート数のランキングと個別ページのアクセスランキングの違いは、閲覧する方が「もっと深く知りたい」と思って個別ページを訪問すること。
そのため、このランキングは「どれだけ興味をそそる話題だったか、どれだけ熱いファンがたくさんいるか」のバロメーターであるといえる。
来月みんなが興味を持つのはどんなワード?来月の個別ワードアクセスランキングをお楽しみに!

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<分析レポートの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!