あなたは知ってた?「お盆玉」が最近浸透中 ~その由来は東北にあった~ 2017.08.12 18:08 UP

あおぞら銀行がこのほど発表した調査によると、約三割のシニア層がお盆に帰省した子や孫にお小遣いをあげる「お盆玉」という言葉を知っていることが明らかになった。なお、実際にあげる予定の人も31.6%で、金額は一人につき平均5900円だった。

「お盆玉」の由来は?


ちなみに、「お盆玉」は本来山形県の一部にあった習慣で江戸時代ごろ、奉公人がお盆で親元に帰る際に衣類や下駄を贈っていたのがはじまり。昭和になって子どもに小遣いを挙げる習慣に変化したが、まだ全国区の習慣ではなかった。
現在のような形の「お盆玉」は2014年に日本郵便がお盆玉用のポチ袋を売り出したことから始まったとされる。


「お盆玉」をもらったりあげたりした人の一例









「お盆玉」ってどうよ?Twitterでの意見は?











あなたは「お盆玉」を知ってましたか?


<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶