日本が初のメダル獲得!波乱の決勝を制す!日本陸上史に残る快挙に各方面から祝福の声あがる 2017.08.13 10:40 UP

 世界陸上では、日本時間の13日朝にロンドンで行われた、男子400メートルリレー決勝を迎えた。
日本は、多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司の4名が挑み、38秒04を記録し3位を記録。
世界選手権では初のメダルとなる銅メダル獲得に各方面から祝福の声があがった。
同種目では昨夏のリオデジャネイロ五輪の銀に続くメダル獲得となる。



王者ボルトが崩れる


“人類最速の男”と呼び声の高い「ウサイン・ボルト」(30)はジャマイカのアンカーとして現役ラストランに臨む。
しかしレース中盤、突然左足太もも裏を痛めてしまいその場に倒れ込み、ゴールすることができなかった。





日本陸上史に残る快挙に祝福の声あがる














<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<スポーツの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶