山下智久主演『コード・ブルー』第5話は30,394twでツイートランキング5週連続1位を記録!ツイート数増で視聴率も上がる!?第5話の感想、あらすじ、視聴率などまとめ 2017.08.15 11:02 UP


視聴率・ツイート数一覧


山下智久さん主演の人気ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の第5話のデイリーツイート数は30,394tw(ついラン調べ)で、初回から5週連続1位を達成したことがわかった。
平均視聴率は13.8%で、第4話と同じ数字。依然、好調をキープしている。

▼『コード・ブルー』視聴率・ツイート数一覧

※画像クリックで最新のツイートランキング、順位はドラマ部門


『コード・ブルー』は、ドクターヘリに乗るフライドドクターと、救命センターに携わる人達の成長を描く、月9ドラマ。今作は第3シーズンとなる。
昨今低迷が続く月9枠において、『コード・ブルー』は高視聴率&高ツイート数が続いていおり、同枠の復活に向け、好スタートを切っている。

※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区、ツイート数はついラン調べ



ツイート数の復調で視聴率も上がる?


これまで『コード・ブルー』の視聴率とツイート数は比例する傾向が見られていた。それは第5話でも続いているようだ。

▼『コード・ブルー』視聴率・ツイート数グラフ

※画像クリックで最新のツイートランキング、順位はドラマ部門


第5話は、各メンバーに様々な困難がふりかかり、それを乗り越えるシーンが多く、涙する視聴者も続出したようだ。
それに合わせ、興奮した視聴者がTwitterでつぶやき、ツイート数も急増。

3週間ぶりに3万twを超える過熱ぶりで、デイリーツイートランキングの連続1位記録を5週に伸ばした
視聴率、ツイート数ともに初週以降減少を続けていたが、ここにきて復調の気配だ。特にツイート数は、初めてプラスに転じた。

グラフのとおり、視聴率とツイート数は比例する傾向があるので、この調子でツイート数が伸びるようであれば視聴率も上昇に転じる可能性は十分にあるだろう。
デイリーツイートランキングの連続1位記録をどこまで伸ばせるかが、視聴率アップの鍵となりそうだ。

【ツイート分析】『コード・ブルー』
リアルタイムアワリーデイリーウイークリー


過去話の感想&あらすじ


第1話『遥かなる願い』の感想&あらすじ
第2話『導く者』感想&あらすじ
第3話『命より大切なもの』感想&あらすじ
第4話『笑顔の効能』感想&あらすじ
第5話の感想&あらすじ


第5話のあらすじ


※役者名をタップするとデイリーツイートページを確認できます。


藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ、珍しく医局でぐったりしてしまう。

そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。

緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。

現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。
初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

「フジテレビ」公式HPより引用


第5話のPR動画


【公式PR】第5回「フェローの診断ミスに指導医たちは」 -YouTube


第5話の感想ツイート







<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!