成田空港の女性遺体、身元が明らかに・現場への経路など未だ謎が残る  2017.09.12 19:24 UP

成田空港第2旅客ターミナルビルの搭乗橋近くで9月11日に発見された遺体について、成田国際空港署は9月12日、愛媛県内の27歳になる日本人女性と判明したと明らかにした。
同署によると、死因は外傷性ショックとみられ、ビルから転落死した可能性が高いという。なお、女性は数日前、家族に「出かけてきます」と言って自宅を出たといい、同署は転落した経緯を調べている。


身元判明…だがまだ解けない謎が


どうやって事件現場に入ったのか


遺体が発見された現場は一般の人が立ち入ることができない制限エリア。亡くなった女性は皇族や海外の賓客が使う貴賓室に隣接する車寄せの屋根の上に倒れていたという。
現場は展望デッキとつながっているが高いフェンスで隔てられており、一般の旅行者などは立ち入ることができないという。

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶