【2017年】「iPhone X」「iPhone 8/8 Plus」「Apple Watch Series 3」など Apple発表会の詳細まとめ 2017.09.13 15:30 UP

2017年9月13日未明(日本時間)、Appleの発表会が開催された。

iPhoneシリーズの最新モデル「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone X」の他に、LTE通信に対応した「Apple Watch Series 3」や、4K HDRに対応した「Apple TV 4K」が発表。

ついランでは、その発表会の詳細をまとめた。

(2017.9.13 文=ついラン編集部)



iPhone 8/8 Plus


iPhone 8シリーズは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドフィニッシュ(新色)の3色。
ステレオスピーカーは、iPhone 7シリーズよりも25%も音量が大きくなった。

A11バイオニックチップ」を搭載し、「A10」より25%高速、GPUは30%高速、電力消費は半分に抑えられている。

カメラは、1200万画素で新しいセンサー、深いピクセル、新しいカラーフィルター、光学手ぶれ補正を搭載している。
更にiPhone 8 Plusのカメラは、f/1.8とf/2.8のレンズを搭載。ポートレートモードは、顔の明るさを調整可能になり、フィルター効果も、撮影時に調整できる。

動画撮影は4K 60fpsに対応。スローモーションは、1080p 240fps。ARのためにカメラをキャリブレート、新しいジャイロや加速度センサーを搭載。

ARのゲームは、実際の風景の上にコンテンツをレンダリング出来るようになった。
Bluetooth 5.0を採用。また、無線充電「qi」にも対応した。

▼iPhone史上、随一の耐久性も確保している


iPhone 8は、32GB/128GB/256GBの3モデル、699ドルより。iPhone 8 Plusは、64GB/256GBの2モデル、799ドルより。
9月15日予約開始、9月22日発売予定だ。



iPhone X


iPhone Xは、液晶を全てタッチパネルに超ベセル化。側面はステンレスボディとなっている。防水、防塵にも対応。カラーバリエーションは、ホワイトとスペースグレーの2色。

画面サイズは5.8inchで、2436x1125ピクセルのSuper Retina Displayを搭載。
iPhoneシリーズではお馴染のホームボタンは廃止され、下からスワイプアップを行うことでロックを解除できるようになった。
ロック解除は、新たに顔認識で行う「Face ID」を搭載。髪型の変化や帽子の有無でも認識が可能で、誤認識の確率は、100万分の1になり、双子も識別できるという。
ホーム画面に戻る捜査はスワイプ、「Siri」はサイドボタンを使って作動させる。

新しい絵文字「Animoji」を搭載し、ユーザーの顔の動きと、絵文字の顔の動きが連動、アニメーションの絵文字で感情を伝えることができる。
Super Retina Displayの搭載でより綺麗なムービーを視聴することができる。

カメラはiPhone8 Plusと同じく、1200万画素。センサーはより大きくより高速に、新しいカラーフィルター、より深いピクセル、f/1.8とf/2.8のレンズを搭載している。
更に、二つの光学手ブレ補正(静止画)を搭載。動画の手ぶれ補正も改善され、4つのLEDを搭載したTrue Tone flashも搭載した。フロントカメラは、Portrait Lightning機能を使用可能。

▼前面にボタンが無いデザインはとても先進的だ


「qi」規格の無線充電機能を搭載し、バッテリーは、iPhone 7よりも2時間長持ちするという。
複数の端末を同時に充電できる無線充電器「AirPower」も来年発売予定。

iPhone Xは、64GB/256GBの2モデル、価格は999ドルより。予約は10月27日より、発売日は11月3日。



Apple Watch


watchOS 4は9月19日リリース。
Apple Watch Series 3は心拍センサーが進化。スタンフォードメディシンとの共同開発だ。脳卒中のリスクを感知することができる。またセルラーモデルが追加された。

デュアルコアプロセッサで速度が70%向上、W2チップを新搭載した。WiFiは85%の高速化、エネルギー効率も50%向上しているが、サイズはSeries 2と同じ。
ディスプレイそのものがアンテナにとなり、セラミックボディを搭載した。

▼docomo、au、SoftBankでの取り扱いが発表


色は白とグレー。バッテリー持続時間は18時間。
セルラー版は399ドルから、セルラーなしは329ドルから、Series1は249ドルに値下げ。
日本を含む9カ国で、9月22日発売(9月15日予約開始)。



Apple TV 4K


A10X Fusionチップを搭載し、GPUは4倍、UIも一新されている。
20th FOX、LIONSGATE、Paramount、UNIVERSAL、WB、SONY PICTURESより、4K HDRコンテツを配信。

スポーツの生中継の一覧も表示可能となり、写真やApple Musicも楽しむことができる。
Home Kitで接続された家電も操作可能。

▼4Kより更に洗練された画質を堪能できる


価格はHD版と同じ。9月15日予約開始、9月22日発売。


<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<家電の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶