『カンナさーん!』第9話のネタバレ&感想まとめ!気になる視聴熱&視聴率は? 2017.09.13 18:30 UP

第9話あらすじ(※ネタバレ有)


愛息子・麗音(川原瑛都)から「ママがゼロ番好き!」と言われ、ホッと胸を撫で下ろしたカンナ(渡辺直美)。元姑・柳子(斉藤由貴)による「礼(要潤)と俊子(泉里香)のお見合い計画」は、柳子の独りよがりだったことが判明し、カンナは改めて、前へ進むべく動き出した。

会社の人事から、海外出張を伴う生産管理部への異動を促されるが、麗音(川原瑛都)を残して海外出張なんて考えられない!というカンナ(渡辺直美)は、麗音のそばで夢を捨てずに一緒に頑張ることが大切と考え、ついに会社を辞める決断をする。

早く決断しないとと焦る後輩の翔子(トリンドル玲奈)に、カンナは「翔子は後悔しないためにじっくり考えてから決めるタイプでしょ。私は勢いで決めたことを後悔しないために後からジタバタするタイプだから」とゆっくり考えるように促す。
そんな中、二人は上司の美香(山口紗弥加)が社内の別ブランドへの異動が決まったということを聞かされる。美香はカンナと翔子の二人をデザイナーとして、どうにか自分のチームに呼べないかと考えていた。



その頃、礼のCG制作会社では大きな仕事を終えた礼(要潤)と片桐(じろう)が、栄養ドリンクで乾杯していた。「これでもう一度プロポーズできる」と燃え尽きる礼。すべては、カンナと麗音との新しい生活を始めるためだったのだ。

麗音のケガも完治し、すっかり仲良くなったカンナと俊子(泉里香)。
カンナは俊子に感謝し、「今度は俊子さんが自分らしくいられる場所が見つかるといいね」「俊子さんみたいな人が何もしないのは勿体無いと思う」「今休んでるのは、次にまた飛ぶためでしょ?やりたいことをやれるって、すっごく恵まれてたんだなって、痛感してる。だから。それができる人には頑張ってほしいんだよね」と、次は俊子が前に進めるように自分が背中を押すと申し出る。

翌日、カンナが俊子を連れて訪れたのは、カンナがデザイナーを務め、俊子がモデルを務めていたブランドのガーリー・セバスチャンの路面店だった。
カンナは店長の下山めぐ(平山あや)に、俊子と一緒に手伝いたいと頼み込み、ガーリー・セバスチャンで販売を手伝うことに。

なかなか接客が上手くいかないカンナは、実際に自分が着られる服を大胆にアレンジ。接客をしていてお客さんが自分に自信がないことに気がついたカンナは、人目を気にするよりもっと自由 に楽しんで着られればと思ったのだ。ここからは本領発揮、軽快なトークでお客さんにアレンジを提案して一着を得ることに成功。「一枚売るのがどんだけ大変か、どんだけ嬉しいか」を知ったカンナは次は俊子の番だと背中を押す。
たまたま来店した女の子が俊子の大ファンで、俊子を雑誌で見たことがオシャレに目覚めたきっかけだと知り、不安げだった俊子の顔も次第に明るくなっていく。

販売も板についてきたカンナだったが、小さな女の子を連れたある女性が来店したところで手を止める。なんと、その女性はカンナのデザインが初めて採用された衣装を着ていたのだ。その服は女性が夫と初めてデートした時に着ていたもので、とても思い入れがあるという。

「このブランドがなくなっても、私たちが作ったお洋服は買ってくれたお客さんたちの中で大事に着てくれたり思い出になたりして、ずっと生き続けてるってことが」
「思い出だけじゃないですよ。いつか私のお下がり、この子にも着せようと思った」

「また素敵なお洋服作ってくださいね」という女性の言葉に元気良く応えたカンナは、やっぱりデザイナーを続けたいと強く感じるのだった。




閉店後、俊子はどこにいても一生懸命でブレずに、いつでも自分らしくいられるカンナのことが羨ましかったと打ち明ける。俊子は接客を通じて、顔の見えない相手にもちゃんと思いが届いていることを初めて実感し、自信につながったという。

礼との離婚後、会社のビルの大看板で俊子の笑顔を見て勇気をもらっていたカンナは、俊子の笑顔を代えのきかない笑顔だというと、俊子は「私バチーンと背中を押されました。モデル、もう一度やってみます」と宣言。二人は「約束」だと強く指切りを交わすのだった。

帰宅後、麗音も無事に保育園に復帰することになり、シッターとしての役目を終えた俊子を麗音と礼と三人で見送るカンナ。三人の様子を見た俊子は「素敵な家族ですね」と笑顔で告げ、去っていくのだった。



カンナと翔子を新しいブランドへ連れて行けるかどうか美香が人事部長にかけ合ったところ、カンナと翔子にコンペをさせ、より売り上げに貢献できるデザイナー1名のみを新しいチームに呼んでもいいという。
美香は二人を競わせることに困惑しながらも、意志を尊重した結果、コンペを実施することに。コンペ課題は「15万円設定のパーティードレス」。ガーリーセバスチャンとは全く違う“大人の女性”をターゲットとした新ブランドに、二人は苦戦する。



翌日、早速新チームとの制作に取り掛かるカンナと翔子。持ち前の明るさと経験から早速新チームと打ち解けるカンナと、経験不足からオドオドしがちだが他の人の意見を柔軟に受け入れつつ進めていく翔子。途中まで順調に進めていたものの「この先どんなに大変でも、私たちは自分らしくいること」という俊子との約束を思い出したカンナは、思い切って自分のやり方を突き通すことに決める。

翔子は無難にブランドテーマに沿ったデザイン、カンナは面白いアイディアだけどブランドの趣旨とは沿わないデザインを作成。
結果、「ブランドにとって戦力となるデザイナーなのか」という点で美香が選んだのは翔子。カンナは残念ながら選ばれなかった。

コンペ後、翔子はどうして途中でデザインを変えたのかとカンナに問いただす。カンナはあれが自分の本気のデザインだ、私は私のやり方で翔子と勝負がしたかったという。それでも納得の出来ない翔子は、デザインを変えてなければカンナが選ばれていたと食い下がるが、カンナは「ううん。変えてなくても、美香さんは翔子を選んでたよ。選ぶべきは、チームの戦力となるデザイナー。翔子は経験がない分、柔軟に次のブランドに対応できる。分からないことは分からないって、周りの意見を取り込んで、これからどんどん成長していける。」と語る。

カンナの言葉を聞いた翔子は、思わず泣き出してカンナに抱きつく。選んだものの一番泣きそうな顔をしていた美香も「これからもずっとチームだよ」とカンナと翔子を抱きしめるのだった。






カンナが無職になった矢先、またしても礼に悲劇が襲う。
大きな仕事が終わったと思いきや、礼の会社と取引していたクライアントが倒産していたことを片桐から打ち明けられる。これにより、礼の会社がかぶる借金は5,000万にのぼるという……。




もっとツイートがみたい人はこちらをチェック!

『カンナさーん!』に関するリアルタイムツイート


4週ぶりに視聴率2桁回復!


初回平均視聴率は12.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』に上回る数値でスタートした『カンナさーん!』。
第2話、第3話では2桁台をキープしていたものの、第4話の平均視聴率は9.3%と初めて10%を切る形となったが、再び第5話で2桁に回復していた。
しかし、第6話は9.7%、第7話は9.2%と推移し、第8話にいたっては平均視聴率7.9%と、過去最低記録となってしまっていた。
今週放送の第9話の平均視聴率は10.1%と、4週ぶりに2桁に回復している。

▶『カンナさーん!』全話視聴率一覧はこちら
▶現在のドラマランキングはこちらからチェック!


次回第10話予告



大きな仕事を終えて「やっとカンナと麗音を迎えに行ける!」と喜んでいた礼はクライアントが倒産し、多額の借金を背負うことになってしまう。

一方、ガーリー・セバスチャンを去ることになったカンナ。自分らしいデザインを貫いた決断に公開はないものの、デザイナーとしての再就職は難しく、何社にも断られ続けていた。
そんなカンナの目に飛び込んできたのは、工事現場で生き生きと働く沙知(高橋メアリージュン)の姿だった。「今を逃しちゃいけない」と思ったカンナは……。


(2017.9.13 ついラン編集部:ミュア)


前話 < 第8話:麗音の言葉に涙…予想もつかない号泣必至のラストを見逃すな!

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶