20日公開、映画「アトミック・ブロンド」の試写会からの感想まとめ 2017.10.12 09:07 UP

いよいよ、来週20日に日本公開が迫った、映画「アトミック・ブロンド」。
先週から、シャーリーズ・セロン演じる主人公ロレーンの「金髪」「黒サングラス」をつけた試写会が行われ、その感想が多く投稿された。






1989年、東西冷戦末期のドイツ・ベルリンを舞台に繰り広げられる、世界中のスパイによる西側スパイのリストの争奪戦。
イギリス秘密情報部MI6からリストの奪還を依頼されたロレーン(シャーリーズ・セロン)は、MI6のスパイ、デヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカボイ)とタッグを組み、壮絶な戦いに身を投じていく。
「ジョン・ウィック」の共同監督・製作を手がけ、「デッドプール」続編の監督を務めるデビッド・リーチが手がけた。










映画評論家、町山智浩さんも「本年度暫定ベストワン!」と絶賛。


なお、映画「アトミック・ブロンド」はR15+のため、注意してほしい。

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶