ドラマ『陸王』に群馬県民が激怒!? 劇中での「前橋転勤=島流し」発言に様々な反応 2017.10.16 19:27 UP

昨夜第一回が放送された役所広司さん主演の日曜劇場『陸王』。
その劇中で「前橋へ転勤=島流し」という描写が出てきて、ムカッとする群馬県民が続出している。

関連記事


▶骨太な物語で視聴率も好調スタート!日曜劇場『陸王』第一話感想まとめ

劇中での「前橋転勤は島流し」発言にムカッとする群馬県民


『陸王』劇中で主人公の経営する「こはぜ屋」を担当する埼玉中央銀行の銀行員、坂本(風間俊介さん)がこはぜ屋への力添えをやめなかったため、勤務先の埼玉中央銀行では「島流し」と称されている前橋支店へ転勤させられてしまう。
その描写に対し激怒する群馬県民続出。ちなみに、坂本はこれまで行田支店に勤務していたという設定。







行田より前橋の方が都会だ!






埼玉県民の意見




坂本の勤務している銀行の組織図的にそういう風に見えるんじゃ?という意見




群馬は群馬銀行の天下なので、すごく暇なんじゃ?という意見





冷静になれよの声





▶このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉
▶お前はまだグンマを知らない 1

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!