人種差別×スリラー=空前絶後の恐怖! 世界中で大ヒットしたホラー映画『ゲット・アウト』Twitterでの感想は? 2017.10.31 21:00 UP

コメディアン出身の新人監督のデビュー作にもかかわらず、余りの恐怖と驚くべき内容で全世界大ヒットを記録てしているスリラー映画『ゲット・アウト』が、10月27日に日本公開された。
白人の恋人の実家に招待された黒人の主人公。大歓迎されるが、そこにはどこか不気味で違和感があって…。映画を見た人たちの感想をまとめてみた。

『ゲット・アウト』あらすじ


ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えるクリス。
その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。
そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。
“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に家に帰ろうとするが…。

Twitterでの感想は?








面白い…でも話したらネタバレに…




『ゲット・アウト』予告編はこちら





関連記事


鑑賞する前にチェック!作品別・映画感想ツイートまとめ&ネタばれあり!映画のあらすじ完全解説

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp