『斉木楠雄のΨ難』映画のあらすじ&感想まとめ 2017.11.04 18:00 UP

「週刊少年ジャンプ」連載の人気ギャグ漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督が山崎賢人主演で実写映画化。
そんな映画『斉木楠雄のΨ難』の感想とあらすじをまとめてみた。

映画『斉木楠雄のΨ難』あらすじ


とてつもない超能力を持っているが、夢は平凡な人生な高校生の斉木楠雄(山崎賢人さん)。しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美少女・照橋心美(橋本環奈さん)や、超能力でも思考が読めないバカの燃堂力(新井浩文さん)、中二病患者の海藤瞬(吉沢亮さん)、見た目は真面目な元ヤンの窪谷須亜蓮(賀来賢人さん)など、変な奴らばかり集まってくる。毎年恒例の文化祭も穏便に過ごそうとする楠雄だったが、まさかのトラブルが相次ぎまさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまい……。

出演者&スタッフのツイート








原作者の感想は?




Twitterでの感想は?











映画『斉木楠雄のΨ難』予告編はこちら





関連記事


鑑賞する前にチェック!作品別・映画感想ツイートまとめ&ネタばれあり!映画のあらすじ完全解説

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!