日本では「黒髪強制」が話題になっているが、欧米では「奇抜な髪形にする日」クレイジー・ヘア・デーが定番の行事に 2017.11.14 17:26 UP

日本では地毛にもかかわらず、髪の毛が茶色い学生が黒染めを強制されたことが物議をかもしていたが、アメリカでは反対に「奇抜な髪形をする日」を学校で設けているという。
その名は「Crazy hair day」。この日だけは生徒(時には先生も)が髪の毛をピンクやブルーに染めたり、モヒカンにしたり、大きな髪飾りをつけたりまるで仮装のような奇抜なヘアスタイルで登校するのだという。

Twitterでの反応は?








「Crazy hair day」を楽しむ子供たちの様子をご覧ください


髪の毛をドーナツに。




<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶