小池知事 希望の党代表を辞任する意向を表明! 辞任意向の理由は『都政専念』のため! 2017.11.14 19:00 UP

希望の党の小池百合子東京都知事が、本日14日、同党代表を辞任する意向を表明した。
党の態勢構築にめどが立ち、今後は都政に専念したいからだという。

小池知事は10月22日の衆議院選挙の後、「創業の責任がある」として同党の代表を続行していた。
代表続投の意向から、わずか一ヶ月ほどで辞任ということもあり、一部の有権者からは批判も生まれている。

今後、希望の党は国会議員の共同代表された玉木雄一郎衆院議員が、新しい執行部の体制への対応を一任されることとなる。

有権者たちのコメント




































<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶