【ついランアワード🏆2017】ドラマ部門で最も話題になったワードを発表!【結果発表】 2017.12.22 22:07 UP

人気作品が並び投票が難しかった中、最も支持を得たのは上半期最も注目を集めた痛快エンターテインメント!?

部門賞



嘘の戦争(2440票)
「嘘の戦争」が50代、40代女性から高く支持されて1位を獲得。眼だけですべての感情を表現する草彅剛さんの鬼気迫る演技を絶賛するコメント、スリリングで全く先の読めない脚本を高く評価する意見が大半を占めていた。また、復讐をテーマにした作品ながら爽やかで後味の良い幕切れが意外で良かったという意見も多数。



2位



貴族探偵(1472票)
10代、20代女性では得票率1位。「推理をしない探偵」という破天荒な設定を演じきった相葉雅紀さんを支持する意見が多かった。また、原作小説は映像化が難しい作品という呼び声が高かったが、「作り込みが細かくて見れば見るほど面白い」「展開を知っていてもワクワクしてしまう」と原作ファンからも高く評価されていた。



3位



コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(611票)
主演の山下智久さんへの支持が大半を占めていた。また、高視聴率を叩き出したことを選んだ理由にする声も多数。また、「子どもと一緒にいつも楽しく見ている」「子供の将来の夢に影響を与えた」「クラスで見ていない人がほとんどいない」など、子どもや学生からの高い人気を思わせるコメントも。



4位 カルテット(439票)
30代、40代女性に支持された。「何気ない会話劇なのに目が離せない」という脚本の妙を称賛する声が多数寄せられた。
出演者四人の個性が織りなす人間ドラマと独特の空気感が魅力的だという意見や、番組放送中には考察をする視聴者が続出した緻密な作りを高く評価する意見も多かった。



5位 コウノドリ(435票)
ワンオペ育児や産後うつなど深刻なテーマに正面から真摯に取り組む内容に「女性の大変さが身に染みた」「命の大切さを深く考えさせられる」「自分の出産時を思い出してつい共感してしまう」という意見が多数。また、綾野剛さんや星野源さんらキャストが魅力的だったという意見も。



6位 陸王(417票)
池井戸潤さん原作のドラマらしく、男性得票率1位。「感動する」「先の展開が読めてしまっていても引き込まれるし泣ける」という意見が多かった。また、各界から集められた個性的なキャストに対し「皆はまり役だった」とキャスティングと役者を称賛する意見も多かった。



7位 過保護のカホコ(333票)
「家族の大切さを感じた」「家族愛にほっこりした」という意見のほか、高畑充希さん、竹内涼真さんが魅力的だったというコメントも多数寄せられた。また、「私もカホコのお母さんみたいになりそうだから気を付けないと」という反面教師宣言も。



8位 連続テレビ小説 ひよっこ(305票)
40代・50代女性を中心に幅広い層に支持されている。昭和のほのぼのとした人間味溢れる雰囲気が良かったという意見が多く、有村架純さん演じるヒロインがかわいいという意見も。また、「誰も悪い人がいないから朝からほっこりした気分でいられる」という朝のドラマならではの意見も。



9位 大河ドラマ おんな城主 直虎(272票)
知名度があまり高くない歴史上の人物が主人公だったが「脚本が素晴らしく、最後まで見てしまった」という意見が多かった。主演の柴咲コウさんの演技を称賛する声のほか、高橋一生さん演じる小野政次処刑のシーンを「今年度最高のラブシーン」と評価する声も。



10位 僕たちがやりました(71票)
10~30代の若い世代に支持された。主演の窪田正孝さんを支持する声のほか、「コンプライアンスギリギリの攻めてる内容が良い」「若者の焦燥感や切なさが描かれている」などの意見も。





<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!