「チンパンジーと競争」「吹き矢で注射」…「冬休み子ども科学電話相談」名物回答者、「動物の先生」こと小菅正夫先生の激レア体験が面白すぎる! 2017.12.27 17:26 UP

大好評につき、冬休みにも出張放送中の「NHK冬休み子ども科学電話相談」その名物回答者の一人で、元旭山動物園園長の小菅正夫先生が質問の答えにさらっと放り込む激レア体験が面白いと話題になっている。
今回はその一部を紹介する。

チンパンジーと競争




コウモリ多発地域に行く




体がスカンクのにおいに




狼を飼ってた!?



おそらく、「動物園で」飼っていたのだと思われるが夢が崩れるのでその辺りはあいまいにしたいところ。

シマウマに噛まれる




オランウータンの虫歯を治療





小菅先生=漆原教授!?




吹き矢で動物に注射…! ちなみに、ぼっこ=棒です。

腕が太すぎて獣医になれなかった!?


「旭山動物園のDVDを見た時に先生は腕が太くてウシのお尻に腕が入らないからお医者になれなかったと言ってましたが、なんで手が入らないとウシのお医者さんになれないんですか?」という質問に対する答え。



<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<ラジオの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!