生きたまま茹でるの禁止!スイスでロブスターの調理法が義務付けられる 2018.01.13 17:30 UP

スイス政府は10日、ロブスターを生きたまま熱湯に入れる調理法を動物保護法の全面的な見直しに伴う措置として禁止することを発表した。
法改正によりロブスターは「死ぬ前に気絶していなければならない」とされ、現在主流の生きたまま茹でる調理方法は行えなくなるとのこと。
地元メディアによると、正しい気絶させる方法として電気ショックか機械を使った「脳の破壊」のみ確認されているという。

また、ロブスターを含む海産甲殻類を氷詰めにしたり氷水に入れたりして輸送することも禁止されるそうだ。
隣国のイタリアでも昨年6月最高裁が、ロブスターを不当に苦しめることになるとして、生きたロブスターを氷漬けにして保存することを禁ずる判決を下している。

甲殻類は痛覚が過敏?








活き造りとか踊り食いはスイスではNG!






<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶