猛獣との危険すぎる自撮りロケで『坂上探検隊』が炎上!狩野英孝があわや大怪我に… 2018.01.28 15:47 UP

お笑い芸人の狩野英孝さんが同番組に出演し、南アフリカ共和国で動物の着ぐるみを着て、猛獣に接近して“自撮り”を撮るという無謀なロケに挑戦した。

狩野さんはチーター、ワイルドドッグ、ライオンといった動物たちと自撮りする際に獲物と思われてしまい、襲撃されて噛まれてしまう。
その際にチーターとライオンについては着ぐるみの外側を噛まれただけで済んだが、ワイルドドッグには草に擬態するの被り物をしていただけで、複数のワイルドドッグに囲まれて噛まれた。狩野さんは「痛っ!」と何度も声を上げていたが、スタッフはなかなか止めに入ろうともせず自撮りを指示していた。

ネットでは「洒落にならないくらい危険でまったく笑えない」「笑いは命がけのリアルな場面を見るものではないはず」「視聴者これ観て楽しめてるの?」「無事で何よりだけど人の命を軽く見過ぎじゃないか」「動物たちへの配慮が足りない」など厳しい声が続々。
収録後の坂上さんの「本当に面白かったです。久しぶりに腹抱えて笑いました。良くも悪くもこの番組のスタッフはいろいろなものと戦っている番組だと思います(笑)」というコメントも波紋を呼んでいる。

▼噛まれている様子


Twitterの声











関連リンク


『坂上探検隊』公式サイト

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<テレビの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!