フィギュア団体戦 サギトワの演技中にチャンネルが切り替わりフィギュアファンがNHKに激怒 2018.02.12 12:55 UP

2月12日に行われたピョンチャン五輪・フィギュアスケート団体戦にて、アリーナ・サギトワ(ロシアからの出場選手)が女子フリーを滑走。オリンピックデビュー戦ながら世界歴代2位のスコアを叩きだし、フィギュアファンに驚きと感動を生んだ。

ところが番組を放送したNHK総合は、サギトワ選手の演技中にサブチャンネルへ切り替わる事態に。選手のパフォーマンス中にも関わらず、フィギュアスケートと関係のないリモコンの操作方法の画面が流れた。
チャンネルの切り替えタイミングがフィギュアスケートの大きな見せ場であるジャンプの瞬間だったこともあり、このハプニングに視聴者は困惑。サブチャンネルはそれまでより画質も劣っており、TwitterではNHKへの怒りのツイートが相次いでいる。










<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<スポーツの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶