町田樹さんのフィギュアスケート解説に称賛の声集まる「オリンピックに解説部門があるなら文句なしで金メダル」「よく言ってくれた」 2018.02.13 17:59 UP

2月12日夜にテレビ東京で放送された平昌五輪中継での町田樹さんによるフィギュアスケート解説が絶賛されている。

町田樹さんはこんな人


2014年のソチ五輪に出場し、5位入賞。同年の世界選手権では銀メダルを獲得している。翌シーズンの全日本選手権で世界選手権代表に選ばれるが、発表の場で突然世界選手権出場辞退と現役引退を発表し、大きな衝撃を呼んだ。
芸術性の高いプログラムやインタビューなどでの独特の言語表現から「氷上の哲学者」とも呼ばれている。
なお、現役引退後は早稲田大学大学院に入学。スポーツ科学研究科博士後期課程に在籍し、研究活動とプロスケーターとしての活動を並行して行っている。
▼現役時代のプログラム「エデンの東」


町田さんの解説・ここがスゴイ①忖度ゼロ


団体戦男子シングル・ショートプログラムでネイサン・チェン選手など男子シングルの実力者が揃って不調だった点について「普段のフィギュアスケートの試合ではありえない、早朝スタートでみんな調子を狂わせているのではないか」と指摘した上で、
「アメリカのプライムタイムに合わせた」この日程を「選手としての立場で言わせてもらうと到底受け入れられるものじゃない」とバッサリ。


さらに、こんな厳しい現状にも触れている。

何故練習環境がないかというと、日本国内では慢性的に練習用リンクが不足しているから。技の危険度などもあり、特にアイスダンスとペアはスペースを必要とする。

町田さんの解説・ここがスゴイ②選手目線からの建設的な提案





町田さんの解説・ここがスゴイ③確実でないことは話さない&煽らない


平昌入りした羽生選手の練習映像から「今の羽生選手の調子はどうでしょうか?」と振られるが、確実ではないことは一切話さず「推測の域を出ない」とはっきり口にする。




町田さんの解説・ここがスゴイ④気になる点は納得いくまで検証


団体戦女子ショートプログラムで大幅に減点されていた、宮原知子選手のジャンプを出場していた全選手のスロー映像と比較して検証。


ただし、町田さんは「宮原選手のジャンプが減点なのは誤審」とは一言も言っていないのでご注意を。


町田さんの解説・ここがスゴイ⑤語彙力あふれるコメント





町田さんの解説・ここがスゴイ⑥ペアとアイスダンスが見たくなる紹介





Twitterでの反応は?












もっと町田さんの解説が見たい・聞きたい!という人はコチラ


<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<スポーツの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!