春ドラマ『正義のセ』大杉漣の代役に寺脇康文「漣さんの代わりには到底及びませんが…」 2018.03.11 11:16 UP

急性心不全のため2月21日に亡くなった俳優の大杉漣さんが出演予定だった4月スタートのドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)に、俳優の寺脇康文さんが代役として出演することが決まった。
寺脇さんは吉高由里子さん演じる主人公・竹内凜々子の上司で、横浜地検港南支部の支部長・梅宮譲を演じる。

大杉さんと何度かドラマにて共演経験のある寺脇さんは、大杉さんを「本当に演技に対して真摯で、それ以上に、お人柄が本当に器の大きな大好きな先輩でした」と偲び、「漣さんの代わりには到底及びませんが、心を込めて務めさせていただきます」とコメントを寄せている。

また、寺脇さんは主演を務める吉高さんとは『美丘-君がいた日々-』(2010)で親子役で共演しており、「大好きな女優さんですので、一人の役者としてまた共演できるのは嬉しい限りです」と語っている。

『正義のセ』は阿川佐和子さんの小説を原作にドラマ化。吉高さん演じる横浜地検で働く2年目の検事・竹村凜々子が周りを巻き込みながらも事件に取り組み、成長していく姿を描く。


Twitterの反応は









ドラマ詳細


水曜ドラマ『正義のセ』

4月11日(水)22時より日本テレビ系にて放送スタート

原作:阿川佐和子『正義のセ』(角川書店)
脚本:松田裕子
音楽:得田真裕
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:加藤正俊、鈴木香織(AXON)
演出:南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ

【キャスト】
吉高由里子
安田顕
三浦翔平
広瀬アリス
平埜生成
塚地武雅
宮崎美子
寺脇康文
生瀬勝久

『正義のセ』公式サイト
『正義のセ』公式Twitter

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<ドラマの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!