「マジで何が起こってんの!?!?」「いまだに自分の時間をどぶに捨てたのかどうか判断がつかない」など「ポプテピピック」最終回・海外の反応 2018.03.28 16:57 UP

「AパートとBパートで同じ内容を二回放送」「しかも毎話声優が異なる上、レジェンド級から人気の若手まで超豪華メンバーが出演」「シュールすぎるボブネミミッミ」など衝撃的な内容でアニメファンを虜にした今クールの覇権アニメ「ポプテピピック」。
最終回では大方の予想を覆すあまりにも予想外な展開が起こり、日本のTwitter上に混乱と戸惑いの嵐を巻き起こしていたが、海外のアニメ好きなTwitterユーザーはどう感じたのだろうか?
英語圏と中国語圏の感想をまとめてみた。
【関連記事】
▶【随時更新】ついランが紹介した「海外の反応」まとめ


蒼井翔太さんが実写で出演した感想は?


最終回では声優で歌手の蒼井翔太さんが実写で本人として出演。ピピ美が死んでしまう結末を改変するためにポプ子を連れて時間遡行をするという展開に。
訳「私の一番大好きな動画…蒼井翔太が本人役で出演した「ポプテピピック」」

訳「蒼井翔太が『ポプテピピック』に出演したんだ。そうか、誰かの声を演じたのかな…違う!彼はマジでそこにいた」
訳「一瞬止まって深呼吸した。だって…何が起こってんのこれ!?!?」
訳「何で進撃のバハムートのミカエル役の人がここにいるの?」
訳「見終わった後、検索するまで蒼井翔太が女性だと思ってた。間違ってた!」


1クール分を見終えた感想は?


訳「『ポプテピピック』がついに完結した。このアニメはいろいろな文化のパロディがちりばめられていて、全体的に非常に破天荒な仕掛けが満載だった。レジェンド級の声優コンビによるフリースタイルや、マルチメディアアニメや、AパートとBパートで微妙に異なる放送内容など。そのため、芸術性が高い仕上がりになっていた。ただ、惜しいのは用いられているパロディ(のネタ)がコアで、大部分は我々の世代のオタクにとって懐かしいものだったので、世代でない人間には理解しづらいものだったということだろうか。結論としてはこのアニメはクソアニメであると同時に神作品だと思う。」
訳「『ポプテピピック』が終わった…こんな酔っぱらってべろんべろんになった時みたいなアニメ久々に見た。脳みそを使わないでストレスを和らげることができる。」

訳「『ポプテピピック』最終回を見終えた。いまだに自分の人生の何時間かをどぶに捨てたのかどうかの判断がついていない。」
訳「『ポプテピピック』は私がこれまで見た中で最もバカらしいアニメだった。作中のどの瞬間も大好きだ。」
訳「『ポプテピピック』が終わってしまった…これからどうやって生きていけばいいの」

訳「やあみんな、「ポプテピピック」のテレビシリーズが終わったね。このアニメはヘルシェイク矢野のことを私たちの心の中に完璧に刻みつけたね。これからが本当の試練です。お互いにヘルシェイク矢野のことを思い出しながら助け合いましょう。」

エイサイハラマスコイ踊りを完全再現する人も


訳「ダイエットにどうですか?」

▶ポプテピピック サブキャラクソTシャツ 蒼井翔太

▶ポプテピピック vol.1(Blu-ray)


<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<アニメの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!