思わず本が読みたくなる「#美しいと思う小説の一行目」まとめ 2018.05.15 13:30 UP

「吾輩は猫である。名前はまだない。」や「メロスは激怒した。」、「春はあけぼの」など名作と呼ばれる作品には印象的な書き出しがつきもの。
そこで、ハッシュタグ「#美しいと思う小説の一行目」をまとめてみた。
作品名と作者名を併記しているので気になった作品は気軽に読んでみてはいかが?


今旬の作家たちの心に残る書き出し


▶恩田陸 「ユージニア」

▶森絵都「カラフル」

▶伊坂幸太郎「重力ピエロ」

▶尾形真理子「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」

▶舞城王太郎「阿修羅ガール」

▶米澤穂信「ボトルネック」

▶朝井リョウ「もういちど生まれる」

▶綿矢りさ「蹴りたい背中」


海外文学も


▶アイリッシュ「幻の女」


▶ハインライン「夏への扉」

▶ポール・ニザン「アデン・アラビア」


文豪の名作たち


▶宮沢賢治「やまなし」
▶青空文庫版「やまなし」はこちら

▶太宰 治「女生徒」
▶青空文庫版「女生徒」 はこちら

▶夏目漱石「草枕」
▶青空文庫版「草枕」 はこちら

▶川端康成「伊豆の踊子」

▶向田邦子「かわうそ」(「思い出トランプ」所収)

▶堀辰雄「聖家族」(岩波文庫「菜穂子 ほか五編」所収)
▶青空文庫版「聖家族」 はこちら


もっとたくさんの書き出しを読みたい方はこちらもどうぞ


▶「本の書き出し」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!