『おっさんずラブ』が『花晴れ』『ブラックペアン』おさえてツイート数独走 2018.05.23 17:27 UP

4月スタートの春ドラマも折り返しの時期に差しかかってきた今日この頃。
各作品の視聴率もおおよそ第5話近くまで発表され、どの連続ドラマが人気か、数値から判断できる時期になった。

しかし昨今のコンテンツパワーは、視聴率だけでは見えてこない部分もある。
はたして本当に視聴者のハートをつかんだ作品はどれか。1週間内のドラマタイトルツイート数を集計することで、ナンバーワン作品がわかった。

(2018.5.23 文=ついラン編集部



火曜『花のち晴れ』土曜『おっさんずラブ』日曜『ブラックペアン』の3強


2018年春ドラマのうち、Twitter上で人気の作品は明白だ。『花男』の新章である『花のち晴れ~花男 Next Season~』(以下、花のち晴れ)、土曜ナイトドラマとしておじさん同士のラブコメ模様を描く『おっさんずラブ』、そして二宮和也さんがダークヒーローを演じる『ブラックペアン』。

以上の3作品がツイート数TOP3。ジャンルは恋愛モノ・恋愛モノ・医療モノだ。
今まで高い視聴率を得るのは、刑事サスペンスモノ・医療モノと相場が決まっていた。今季もそのパターンは続いており、『特捜9』『警視庁・捜査一課長season3~ヒラから成り上がった最強の刑事!~』『未解決の女 警視庁文書捜査官』は安定して視聴率11%以上をキープしている(いずれもテレビ朝日)。
Twitterでは利用者層の若さからか、恋愛モノや若手アイドル作品が大きく話題になる。特に4月季はTwitterでウケる要素が詰まった『おっさんずラブ』が覇権を握った。

ただの同性愛ラブコメではない『おっさんずラブ』


▲『おっさんずラブ』『花のち晴れ』『ブラックペアン』の第1週からのツイート数推移



第1週目のツイート数だけで見れば、1位は100,000ツイート突破の『花のち晴れ』で2位は『ブラックペアン』。『おっさんずラブ』は少し出遅れた形で3位だ。
逆転現象が起こったのは第2週目。『おっさんずラブ』が急激にツイート数を伸ばし、『ブラックペアン』どころか『花のち晴れ』もかわして1位に立つ。以降も話数を重ねるごとにツイート数を伸ばし、第5週でツイート数は200,000に届くかといった勢いで伸びた。

『おっさんずラブ』がTwitterユーザーの関心を集めた理由はいくつもある。まず内容は男性同士の同性愛でありながら極めてコミカルで、視聴者がリラックスして見られる時間帯の土曜深夜とマッチしている。
登場人物の数が最低限なために、キャラクター同士の関係性が濃密なのもポイントだ。公式サイトの人物相関図に載るキャラ数は『ブラックペアン』が21人、『花のち晴れ』が12人に比べて、『おっさんずラブ』は9人と少なめ。
人間関係もゴチャゴチャとしたややこしさはなく、“おっさん”同士で伸びる矢印の向きはシンプルだ。

主要キャストがハマリ役ぞろいなのも見逃せない。『パレード』(2010)で男娼を演じ、『悪の教典』(2012)でゲイを演じ、『にがくてあまい』(2016)でもゲイを演じた林遣都さん。

そんな林遣都さんが『おっさんずラブ』で演じる牧凌太の元カレ兼上司・武川役が眞島秀和さん。
武川は作中で田中圭さん演じる春田倉一に牧を“取られる”形になるが、WOWOWの連続ドラマ『ダブル・ファンタジー』でも眞島さんは田中圭さんに妻を取られる。田中圭×眞島秀和は別ドラマでも因縁アリだ。

何より一番キャッチーなのは、黒澤武蔵(吉田綱太郎)のあらゆる言動が可愛いこと。見た目はおっさんなのだが、春田に熱烈アプローチをするとき、春田にフラれてメソメソと泣くときなど、胸やけするほどの可愛さがばらまかれている。まさに彼こそがヒロイン。外側は同性愛ラブコメだが、そこには確かにピュアなラブストーリーが下地にあるとわかるのだ。
そしてコメディ路線ながら視聴者のハートをがっちりつかむこれらの理由は、すべてキャスト陣の確固たる演技力に裏打ちされている。

そんな『おっさんずラブ』、実は放送日以外にも「ついラン」のドラマツイート数ランキングで1位を取ることが多い。Twitter上でファンの感想やイチオシのシーン紹介、またはファンアートが拡散されるからだ。
ファンアートは、例えば牧と春田のカップリングなら牧春、黒澤と春田のカップリングなら黒春と呼ばれる。

▼「牧春」ファンアート






pixivでの投稿にいたっては、『おっさんずラブ』公式アカウントがファンによる二次創作イラストを募集。
オフィシャルなアカウントが受賞イラストを発表するなど、SNSと密接な企画をしていることもツイート数が多い理由だろう。





視聴率でもツイート数でも、ドラマはテレビ朝日が強い


結果として、上のグラフのように『おっさんずラブ』は毎週ツイート数を増やしている。『花のち晴れ』『ブラックペアン』も第1週目こそツイート数が多かったが、第2週目以降は初回ほどの勢いが出ていない。

視聴率の面でも、『特捜9』『警視庁・捜査一課長』『未解決の女』はどれもテレビ朝日。『おっさんずラブ』もテレビ朝日なので、今季のドラマは視聴率とネット上の反応のどちらをとってもテレ朝の一人勝ちといえる。

ただ『ブラックペアン』に限っては、今季ドラマのなかではツイート数トップ3に入るほどTwitterで注目されており、なおかつ第5話までで一度も視聴率が12%を切らないバランス型。テレビ朝日のドラマラインナップに食らいつけるとすれば、『ブラックペアン』は有力だ。


▶【早期購入特典あり】おっさんずラブ DVD-BOX(ビジュアルカード3枚セット)

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<分析レポートの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp