ハリルジャパンどころの騒ぎじゃない!! W杯開催前日にサッカー・スペイン代表監督が電撃解任!その理由は? 2018.06.14 12:27 UP

ロシア・ワールドカップ開幕まで残すところあと1日となった6月13日、スペイン代表を率いるジュレン・ロペテギ監督の電撃解任が発表された。

一体何が起こったのか


解雇の主な理由は、ロペテギ監督が5月にスペイン代表との契約を2022年まで延長したばかりにもかかわらず、6月12日に来シーズンからレアル・マドリードの指揮を執ることが発表されたこと。
この背任にスペインサッカー連盟のルイス・マヌエル・ルビアレス会長が激怒。「スペイン代表は全スペイン人のものだ。彼はマドリーに行ってしまった。素晴らしい仕事をしていたが、今回の彼の行動は受け入れられない」と語っている。
なお、後任は元レアル・マドリードのフェルナンド・イエロ氏に決定。イエロ氏の初采配はワールドカップ開幕戦の15日ポルトガル戦となる。

Twitterでの反応は?







まさかの「ポルトガルによる陰謀説」も


今回のオファーを進めた監督のエージェントがポルトガル人であること、今回のW杯緒戦でスペインが予選リーグで同じく強豪のポルトガル代表と当たることから「陰謀じゃ」という声も一部で出ている。


<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<スポーツの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!