大阪北部地震 避難所・交通機関・イベント・商業施設情報まとめ 被災経験者からは「断水する前に水を貯めて」とアドバイス 2018.06.19 10:48 UP

NHKによると、18日朝8時ごろ、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震があり、大阪・高槻市などで震度6弱の揺れを観測したほか、近畿地方の広い範囲で震度5強や5弱の揺れが観測されている。
大阪府北部ではその後も余震とみられる地震が相次いでいて、気象庁は今後、1週間程度、最大で震度6弱程度の揺れを伴う地震に十分注意するよう呼びかけている。

また、6月19日から20日にかけて西日本を中心に大雨のおそれがあるため、各自治体が注意を呼び掛けている。


各地の避難所情報


各自治体によって開設された避難所の情報は下記リンクから(随時更新)。
▶大阪府開設避難所情報
▶兵庫県開設避難所情報

友人・家族の安否が気になる方へ




災害用安否確認ダイヤル





近畿地方の交通情報(6月19日10時30分現在)


▶JR西日本公式サイト「近畿地方の運行情報」
▶大阪メトロ公式サイト




近畿地方各地の商業施設・イベント情報(随時更新)











東京都による防災マニュアルなど


避難する際に持っていた方がいいこと、安全のためにしておいた方がいいことなどが記されている。

点字版・音声版・音声コード添付版・大活字版、多言語対応版はこちらのリンクからDLできる。


「水を貯めて」など過去の大地震の被災者や専門家からのアドバイス


また、東日本大震災や熊本地震の経験などから、今後も大きな余震がくることが予想される。
Twitterでは水道管が断裂していた場合、断水や給水制限が起こる可能性があることから、被災した地区の方たちに水道が出る間に浴槽などに水をためておくことを推奨している。
このツイートのほかに、持病がある人はおくすり手帳を持ち歩くこと、水を使わないで済むので食器にラップをまいて使う事などが薦められている。
消防庁は通電火災を防ぐため、家を離れる際はブレーカーを落とすことを呼び掛けている。

余震に備えての家具転倒を防ぐ対策はこちらから。

また、水をためる際、水に色がついていたら下記のような可能性が考えられるので、特に水が青か黒かった場合は、お住まいの自治体の水道課まで連絡を。
▶鹿児島市公式サイト「水道水に色がついている場合」

ペットが逃げてしまった方へのアドバイス






<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<路線情報の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!