11月5日は「縁結びの日」「おいしいあなごの日」 2018.11.05 00:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

11月5日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
富野由悠季さん(77)
天地真理さん(67)
今井清隆さん(61)
小林明子さん(60)
中川晃教さん(36)
真太郎さん(35)
田中聖さん(33)
BoAさん(32)
原紗友里さん(30)
倉本発さん(27)
渡辺翔太さん(26)
多和田秀弥さん(25)
鈴木このみさん(22)
小片リサさん(20)
福崎那由他さん(17)


本日誕生日を迎えるキャラクター

11月5日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『黒執事』アロイス・トランシー
『ゴッドイーター2 レイジバースト』リヴィ・コレット
『ストリートファイターⅣ』アベル
『田中くんはいつもけだるげ』田中莉乃
『となりの怪物くん』吉田優山
『バクマン。』亜豆美保
『VOCALOID』MEIKO
『MAJOR』茂野吾郎
『山田くんと7人の魔女』椿剣太郎
『RAIL WARS!』小海はるか


縁結びの日


11月5日は「縁結びの日」。古くから縁結びの地として知られる出雲路。その出雲地方では神在月と呼ばれる旧暦の10月、全国から神々が出雲に集まり、結婚、恋愛、健康などさまざまな縁について会議が行われるとされているとか。人々の良いご縁が結ばれる日をと、島根県松江市の「神話の国・縁結び観光協会」が制定。日付は11と5で「いいご縁」と読む語呂合わせから。




一般的には縁結びといえば男女の縁を結ぶものとされていますが、恋愛などの縁以外にも、仕事の人間関係や商売相手など、良縁には恵まれたいものですよね。

しかし、実は既に交際相手がいる状態で、しかもカップルで縁結びの神社にいってしまうと、そのカップルは別れてしまうという迷信があるそうです。

縁結びの神社へカップルでいってしまうと、縁結びの神様が焼きもちを焼いてしまってそのカップルを別れさせようとするそうですよ。

そもそも縁結びの神社については一人で参拝した方がご利益があるとされているため、恋愛以外の良縁を結びたい場合には神社によって一人で参拝した方が良いかもしれませんね。

●運命の赤い糸の由来となった話
運命の赤い糸は日本の少女漫画でおなじみですよね。

見えない赤い糸で結ばれたもの同士は結ばれるなんて、何とも夢のあるお話です。

この運命の赤い糸の元になったお話は、実は中国にあり、「定婚店」という逸話に出てきます。
物語の内容は、主人公の韋固(いこ)が旅の途中で立ち寄った宿屋で冥界(あの世)書物を読む不思議な老人に出会います。

なんとその老人は冥界の役人で婚姻で司っており、その仕事は将来夫婦となる男女の足を赤い縄で繋ぎ合わせることだというのです。
そこで中々縁談が上手く行っていなかった韋固は老人に将来の結婚相手を教えてもらい、14年の月日を経て結婚に至る、というものでした。

今では小指に結ばれる赤い糸も、元は足に結ばれる赤い縄だったそうです。
また、赤い糸は世界中でも災いから身を守るお守りであったり、幸運のお守りとして広まっています。

ご利益は国によって違うようですが、赤い糸には何らかのパワーがあるのかもしれませんね。

おいしいあなごの日


11月5日は「おいしいあなごの日」。大阪府堺市のあなごの専門店「松井泉」(まついいずみ)が制定。より多くの人にあなごの美味しさを知ってもらい、あなごの食文化を伝えていくのが目的。古くから堺ではあなご漁が盛んで、あなごを加工する技術を持った「堺もん」と呼ばれるあなご屋が軒を並べるほどにぎわい、堺名物のひとつとされています。日付は一年で最も脂がのっておいしい時季であることと、11と5を「「おい(1)しい(1)あな(0)ご(5)」と読む語呂合わせから。

その他の記念日


雑誌広告の日
いい男の日
いいりんごの日
ごまの日
津波防災の日



前の日 < 11月4日は「かき揚げの日」「いいよの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!