1月6日は「ケーキの日」「色の日(カラーの日)」 2019.01.06 00:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

1月6日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
八千草薫さん(88)
松原智恵子さん(74)
堀井雄二さん(65)
中畑清さん(65)
CHAGEさん(61)
大場久美子さん(59)
ゆかなさん(44)
森見登美彦さん(40)
菊地凛子さん(38)
エディ・レッドメインさん(37)
亀田大毅さん(30)
三上枝織さん(30)
八代拓さん(26)
梅澤美波さん(20)
梁川奈々美さん(17)


本日誕生日を迎えるキャラクター

1月6日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アイドルマスターシンデレラガールズ』安斎都
『アイドルマスターシンデレラガールズ』三村かな子
『青の祓魔師』勝呂達磨
『妖狐×僕SS』雪小路野ばら
『カードファイト!! ヴァンガード』小茂井シンゴ
『Kanon』沢渡真琴
『最遊記』紅孩児
『咲-Saki-』上重漫
『シャーマンキング』阿弥陀丸
『食戟のソーマ』紀ノ国寧々
『進撃の巨人』オルオ・ボザド
『蒼穹のファフナー』遠見千鶴
『NARUTO-ナルト-』志村ダンゾウ
『ハイキュー!!』清水潔子
『東のエデン』森美咲
『美少女戦士セーラームーン』土萠ほたる(セーラーサターン)
『輪廻のラグランジェ』フィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ


ケーキの日


1月6日は「ケーキの日」。1879年1月6日に上野の風月堂が日本で初めてケーキの宣伝をしたことに由来します。当時の東京日日新聞の広告で掲載されたそうです。

風月堂は、1753年に初代大住喜右衛門が「大阪屋」を屋号として菓子屋を営んだことに起源を持つ和菓子・洋菓子メーカー。風月堂の名のついた店舗は全国に複数ありますが、明治以降に暖簾分けが進んだ結果、様々な会社が名前を継承したという経緯があります。

その全てが必ずしも創業家である大住家の承認を得ているわけではなく、中には関係のない店舗が「風月堂」を名乗っている場合も多いのだとか……

▶ショートケーキは何がショートなのか?
ケーキの中でも王道といえば「ショートケーキ」ですが、短いケーキでもないのに「なぜショートなの?」と気になったことはありませんか?




実はショートケーキには面白い語源が存在します。

ショートという単語については「砕けやすい」「脆い」という意味もあり、ショートケーキの発祥の地であるスコットランドは別名「ショートランド」とも呼ばれています。
スコットランド式のショートケーキはクッキーのような菓子で、結婚式ではこれを花嫁の頭に叩きつけて、1度で割れないと縁起が悪いとされていたそうです。
これが由来となって、ショートランド(スコットランド)の砕けやすいケーキのことを「ショートケーキ」と呼ぶようになったとされています。
また、単純にアメリカではバターが高く「ショートニング(植物性油脂)」を使って作られたことからショートケーキと呼ぶようになったという説も存在しているそうですよ。

▶「ケーキの日」今の話題はコチラ

色の日(カラーの日)


1月6日は「色の日(カラーの日)」。「カラー」の知識をビジネスに活かすセミナーや認定資格制度、検定試験などを実施し、カラーの普及活動を行う一般社団法人ビジネスカラー検定協会が制定。「カラー」を通して世界中の人たちに元気に活躍してもらうことが目的。日付は1と6で「カラー」の「色=い(1)ろ(6)」と読む語呂合わせから。

▶「色の日」今の話題はコチラ



前の日 < 1月5日は「いちごの日」「遺言の日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!