4月11日は「しっかりいい朝食の日」「ガッツポーズの日」 2019.04.11 00:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

4月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!


本日誕生日を迎えるキャラクター

4月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アークザラッドII』エルクコワラピュール
『アルドノア・ゼロ』網文韻子
『うたの☆プリンスさまっ♪』一十木音也
『革命機ヴァルヴレイヴ』指南ショーコ
『機動戦士ガンダムSEED』トール・ケーニヒ
『銀魂』村田鉄矢
『新世紀エヴァンゲリオン』霧島マナ
『新テニスの王子様』平理とん平
『ときめきメモリアル Girl's Side』尽
『のんのんびより』越谷卓
『Fate/Zero』ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
『ボーイフレンド(仮)』戌亥幸太朗


しっかりいい朝食の日


4月11日は「しっかりいい朝食の日」。新学期のスタートや入園、入学といった新しい生活が始まる忙しい4月にしっかりといい朝食をとってもらうことを目的に、カルビー株式会社が制定。日付は「し(4)っかりいい(11)朝食」の語呂合わせ。




忙しい朝に慌ただしく朝食を食べるくらいなら、あと5分だけ寝ていたい……もう少し身だしなみに時間をかけたい……。理由はどうあれ、朝ごはんを抜きがちという方は多いのではないでしょうか。

朝ごはんには、胃袋を満たすだけではない大切な役割があります。
朝ごはんを抜いてしまうと、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が不足。何となくイライラしてしまったり、集中力が出なくて勉強や仕事がはかどらなかったりといった事態に陥ることも。

ブドウ糖は体内に大量に貯蔵しておけないので、脳と体のためのエネルギーになる朝ごはんをきちんと食べることを心がけましょう。その際、梅干しや酢の物、フルーツなどの酸味を含むものを一緒に食べると、疲労回復にも効果がありますよ。

また、朝ごはんを抜くと代謝が悪くなり、肥満体質になっていきます。朝ごはんをきちんと食べて代謝を上げれば、生活習慣病の予防にも繋がります。体温が上がることでエネルギーが消費されるために代謝が上がり、太りにくい体質になりますよ。

「しっかりいい朝食の日」今の話題はコチラ

ガッツポーズの日


4月11日は「ガッツポーズの日」。1974(昭和49)年4月11日、プロボクサーのガッツ石松氏が世界チャンピオンになり、その喜びのポーズをスポーツ紙が「ガッツポーズ」と書き、広く知られるようになったことからファンが制定。
ちなみにガッツ石松氏はインタビューで「自分の記念日が出来るなんて、オレも偉人だな」と発言したことがあるといいます。

一方、1972年発行のボウリング雑誌「ガッツボウリング」では、ストライクを出したときにボウラーがするポーズをガッツポーズと書き、これをガッツポーズの起源とする説もあるようです。

「ガッツポーズの日」今の話題はコチラ

その他の記念日


中央線開業記念日
メートル法公布記念日



前の日 < 4月10日は「駅弁の日」「フォントの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!