4月13日は「決闘の日」「新型インフルエンザ対策の日」 2019.04.13 00:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

4月13日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
上沼恵美子さん(64)
萬田久子さん(61)
なかいま強さん(59)
名越美香さん(53)
つみきみほさん(48)
水嶋ヒロさん(35)
井深克彦さん(32)
會澤翼さん(31)
多和田真三郎さん(26)
岐洲匠さん(22)


本日誕生日を迎えるキャラクター

4月13日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『妖狐×僕SS』青鬼院蜻蛉
『うる星やつら』諸星あたる
『王室教師ハイネ』ハイネ・ヴィトゲンシュタイン
『ガールフレンド(仮)』甘利燈
『斉木楠雄のΨ難』梨歩田依舞
『戦姫絶唱シンフォギア』暁切歌
『ちょびっツ』ちぃ
『DAYS』平源一郎
『デュエル・マスターズ』黒城凶死郎
『ひぐらしのなく頃に』前原圭一
『火ノ丸相撲』五條佑真
『ファイアーエムブレムif』エルフィ
『BLEACH』本匠千鶴
『ボーイフレンド(仮)』皇アラン
『モブサイコ100』花沢輝気
『Robotics;Notes』瀬乃宮あき穂
『ONE PIECE』モーガン


決闘の日


4月13日は「決闘の日」。1612年(慶長17年)のこの日、美作の浪人・宮本武蔵と細川家指南役・佐々木小次郎の決闘が、豊前小倉沖の無人島・巌流島(舟島)で行われました。

決闘の日、武蔵は約束の時間を1刻(約2時間)遅れて小船から姿を現しました。待ち疲れ、いらだった小次郎は刀を抜き放ち、鞘を海中に投げ捨てます。勝負は一瞬で、武蔵の櫂(かい)の木刀が小次郎の額に当たり、武蔵が勝利したといいます。

山口県下関市にある巌流島は、正式な島の名前を船島(ふなしま)といい、現在は無人島。公園として整備され、決闘シーンを主題とした武蔵と小次郎の銅像が置かれています。小次郎が剣術の一派である「巌流」または「岩流」を名乗ったことから、巌流島と呼ばれるようになったそうです。

中世ヨーロッパではそもそも裁判が決闘だった!?


中世のヨーロッパでは、そもそも裁判自体が決闘だったこともあるようです。
この決闘裁判は被告と原告が決闘した結果、勝った方が正しい、つまりは勝訴になるといった裁判方法。





決定的な証拠がない限り、裁判官からすれば被告と原告のどちらが嘘をついているかなんてわからないですよね。
そのため裁判は「神の裁き」であると考えられていて、神は正しい方に勝利を与えるという考えのものと、勝った方が正しいということになっていました。

そして、決闘の勝者は無罪となり、敗者は処刑されることとなります。
決闘自体が命懸けのものであったことから、敗者は処刑される前に死んでしまうことも多かったようですよ。

現在では考えられませんが、単純に強い人は証拠さえなければ決闘をして勝ち続けてずっと無罪を勝ち取ることができる、恐ろしいシステムですよね。

「決闘の日」今の話題はコチラ

新型インフルエンザ対策の日


4月13日は「新型インフルエンザ対策の日」。2009年4月13日にメキシコで最初の新型インフルエンザの患者が確認され、後に死亡したことから、個室での透析などインフルエンザ対策を積極的に行っている東京都練馬区の「練馬桜台クリニック」の永野正史理事長が制定。

世界的に流行し、多くの感染者や患者を発生させるパンデミックへの備えを怠らないようにとの思いが込められています。

「新型インフルエンザ対策の日」今の話題はコチラ

その他の記念日


浄水器の日
喫茶店の日



前の日 < 4月12日は「パンの記念日」「徳島県にんじんの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!