5月11日は「ご当地キャラの日」「朔太郎忌」 2019.05.11 07:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

5月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
泉谷しげるさん(71)
近藤ようこさん(62)
久保田早紀さん(61)
久米小百合さん(61)
松尾貴史さん(59)
浜田雅功さん(56)
ひかる一平さん(55)
レティシア・カスタさん(41)
SHELLYさん(35)
Dream Amiさん(31)
稲垣成弥さん(29)
朝井彩加さん(27)


本日誕生日を迎えるキャラクター

5月11日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!

『苺ましまろ』伊藤千佳
『機動戦士ガンダム00』アレハンドロ・コーナー
『キミキス』栗生恵
『ダイヤのA』原田雅功
『テニスの王子様』海堂薫
『ときめきメモリアル3』河合理佳
『ハイスクールD×D』アーシア・アルジェント
『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』松原花音
『緋色の欠片』鬼崎拓磨
『ファイナルファンタジーⅥ』モグ
『輪廻のラグランジェ』京乃まどか


ご当地キャラの日


5月11日は「ご当地キャラの日」。滋賀県彦根市に本部を置く一般社団法人日本ご当地キャラクター協会が制定。地域の活性化を目指し、街を元気にするご当地キャラクター(キャラ)同士の連携を深め、それぞれのローカルキャラクターを全国に発信するのが目的。日付は5と11で「ご(5)当(10)地(1)」と読む語呂合わせから。




ご当地キャラクターというよりも「ゆるキャラ®」の呼び方が浸透していますが、これは漫画家・イラストレーターであるみうらじゅんさんが考案したとされていて、2014年に商標登録されています。

「ゆるキャラ®」に認められる条件としては、以下の3点が挙げられています。
1.郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること
2.立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること
3.愛すべきゆるさを持ち合わせていること


ご当地キャラクターはもともと財源の乏しい地方にとってイベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報PRに使用される便利な広告塔として生まれたものです。

「ゆるキャラ®」が浸透していくにつれ、第一線のクリエイターがデザインを手がけた“ゆるくない”キャラクターも多くいます。
ご当地キャラクターのブームが起きたきっかけは、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響が大きいと考えられています。地方自治体の経済が困窮する中、地方を売り込むための“顔”になったのがご当地キャラクターなのです。

「ご当地キャラの日」今の話題はコチラ

朔太郎忌


5月11日は「朔太郎忌」。1942年(昭和17年)の今日、詩人の萩原朔太郎が死去したことに由来します。大正から昭和にかけて独自の詩風を確立し、詩壇に新たな息吹を吹き込んだ萩原朔太郎は、現代でも多くのファンを持つ日本の代表的な詩人の一人。作品には「月に吠える」「青猫」などがあります。

「朔太郎忌」今の話題はコチラ

その他の記念日


鵜飼開き



前の日 < 5月10日は「ファイトの日」「五島の日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!