5月19日は「ボクシングの日」「IBDを理解する日」 2019.05.19 07:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

5月19日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
大塚芳忠さん(65)
安藤政信さん(44)
佐藤拓也さん(35)
芹那さん(34)
澤部佑さん(33)
久保ユリカさん(30)
神木隆之介さん(26)


本日誕生日を迎えるキャラクター

5月19日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『神のみぞ知るセカイ』上本スミレ
『ガンスリンガーストラトス』蘇芳司
『四月は君の嘘』澤部椿
『STEINS;GATE』橋田至
『スタミュ』卯川晶
『DAYS』保科拓己
『ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story』桜井琥一
『ぬらりひょんの孫』花開院ゆら
『ハートキャッチプリキュア!』月影ゆり(キュアムーンライト)
『BanG Dream!』山吹沙綾
『緋色の欠片』狐邑祐一
『僕は友達が少ない』柏崎星奈


ボクシングの日


5月19日は「ボクシングの日」。1952年5月19日、白井義男選手が日本人として初めてボクシング世界チャンピオンになったことを記念し、日本プロボクシング協会が制定。
白井選手は東京・後楽園球場の特設リングでアメリカの王者ダド・マリノ選手に勝利し、敗戦後の日本に明るい話題をもたらしました。




モハメド・アリがボクシングを始めた理由


世界で最も有名なプロボクサーといえばモハメド・アリといっても過言ではないですよね。




「“蝶のように舞い、蜂のように刺す”」という言葉にもあるように、モハメド・アリの華麗なボクシングスタイルに魅了された人もおおいのではないでしょうか。
ですがあれだけ強い男のモハメド・アリは、実は強い男になりたいからボクシングを始めたわけではありませんでした。その理由は意外なものだったのです。

モハメド・アリは少年の頃、自身の誕生日に買ってもらった自転車が盗難の被害にあったそうです。
それがモハメド・アリの心に火をつけて、犯人を見つけた際にはボコボコにやっつけてやりたいとの思いからボクシングを始めることになったんだとか。

こんな動機でボクシングを始めて、やがて世界を魅了するプロボクサーになるとはだれも思っていなかったでしょうね。

「ボクシングの日」今の話題はコチラ

IBDを理解する日


5月19日は「IBDを理解する日」。厚生労働省より特定疾患に指定されているIBD(Inflammatory Bowel Disease=炎症性腸疾患)をより多くの人に理解してもらう日をと、IBD患者会の集まりであるIBDネットワークと、バイオ医薬品企業のアッヴィ合同会社が制定。IBDとは潰瘍性大腸炎とクローン病のことで難病の慢性の腸炎。日付はIBDを広く理解してもらうためのイベントを開催した日から。

「IBDを理解する日」今の話題はコチラ



前の日 < 5月18日は「ファイバーの日」「MIBの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!