6月25日は「生酒の日」「加須市うどんの日」 2019.06.25 07:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

6月25日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
高田文夫さん(71)
沢田研二さん(71)
松居一代さん(62)
松浦亜弥さん(33)
藤ヶ谷太輔さん(32)
麻倉ももさん(25)
平手友梨奈さん(18)


本日誕生日を迎えるキャラクター

6月25日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アイドルマスターシンデレラガールズ』三好紗南
『アイドルマスターディアリースターズ』日高愛
『うらら迷路帖』棗ニナ
『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』高梨奈緒
『クロスゲーム』滝川あかね
『ツキウタ。』照瀬結乃
『ときめきメモリアル2』陽ノ下光
『バクマン。』見吉香耶
『MAJOR』佐藤美穂
『ヤマノススメ』黒崎ほのか
『夢喰いメリー』秋柳貴照
『ONEPIECE』シャーロット・プリン


生酒の日


6月25日は「生酒の日」。京都府京都市伏見区の老舗日本酒メーカー「月桂冠株式会社」が制定。同社の超精密ろ過技術の応用で常温流通が可能になった生酒。これにより蔵元でしか味わえなかったしぼりたての美味しさを全国どこでも楽しめるようになったことから、その歴史を伝え、生酒の魅力をより多くの人に知ってもらうのが目的。日付は本格的な生酒を発売した1984年6月25日から。

生酒とは、1度も「火入れ」をしていない日本酒のことをいいます。「火入れ」とは、日本酒の腐敗や劣化を防ぐために行う作業のこと。安定した製品作りに欠かせない工程で、通常の日本酒は2度「火入れ」を行うそうです。

「火入れ」では、日本酒を60℃前後で加熱し低温殺菌します。こうすることによって日本酒の熟成を進ませる酵素の働きを停止し、「火落ち菌」という菌を死滅させ、日本酒が白濁することを防いでいるのだそうです。
生酒は、新鮮さがとても重要です。加熱処理をしていないので劣化が早く、一般のスーパーや酒屋での取り扱いが難しいため、地元でしか味わえないんだとか。

弥生時代は米を口で噛んでお酒を作っていた!?


2016年には新海誠監督によるアニメ映画「君の名は。」が大ヒットし、歴代の映画の興行収入を塗り替えるという快挙を成し遂げるなど、社会現象にまでなりましたよね。
その「君の名は。」のワンシーンに、ヒロインの宮水三葉が口内で米を噛んで唾液と混ぜ、発酵させて作る「口噛み酒」なるものが登場しました。




実はこの「口噛み酒」は古代の日本で実在していたのです。

弥生時代には炊いた米を口に含んで噛んで作る酒が登場しますが、これは「噛み酒」と呼ばれていてまさに「君の名は。」の「口噛み酒」と同じ製法であることがわかります。
米を噛む役割は若い女性や主婦が担当していたそう。現在では酒を造る仕事に性別の決まりはありませんが、当時は酒を造るのは女性の仕事だったそうですよ。

「生酒の日」今の話題はコチラ

加須市うどんの日


6月25日は「加須市うどんの日」。埼玉県加須市が郷土料理であるうどんの魅力をPRし、産業の振興と地域の活性化を目的に制定。うどん販売店や飲食店などで「加須うどん」のPRキャンペーンを行います。日付は加須市内の不動ヶ岡不動尊總願寺に正徳元年(1711年)ごろに加須名物の「饂飩(うどん)粉」を贈られた舘林城主、松平清武からの御礼状が残されており、そこに6月25日の日付が記されていることから。加須市では「加須市うどんの日」を条例で定めています。

「加須市うどんの日」今の話題はコチラ

その他の記念日


指定自動車教習所の日



前の日 < 6月24日は「UFOキャッチャー®の日」「プチクマの日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!