8月8日は「そろばんの日」「LOVOTの日」 2019.08.08 07:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

8月8日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
前田美波里さん(71)
押井守さん(68)
ピーターさん(67)
田中要次さん(56)
天海祐希さん(52)
東野幸治さん(52)
フェイ・ウォンさん(50)
多田健二さん(45)
猫ひろしさん(42)
白石美帆さん(41)
コカドケンタロウさん(41)
飯田圭織さん(38)
金原ひとみさん(36)
バレッタ裕さん(28)
逢田梨香子さん(27)
眞嶋秀斗さん(24)
松岡菜摘さん(23)
磯原杏華さん(23)


本日誕生日を迎えるキャラクター

8月8日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『ハイスクールD×D BorN』ロスヴァイセ
『弱虫ペダル』東堂 尽八
『ご注文はうさぎですか?』マヤ
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』比企谷 八幡
"『ONE PIECE 』バギー"
『青の祓魔師』霧隠シュラ
『To LOVEる』モモ
『To LOVEる』ナナ
『うえきの法則』森あい
『機動戦士ガンダムSEED』イザーク・ジュール


そろばんの日


8月8日は「そろばんの日」。京都市に本部を置く社団法人全国珠算教育連盟が、そろばんの普及とその優れた機能をアピールするために1968年に制定。日付はそろばんをはじくとき、パチパチと音をたてるところから8月8日としたもので、毎年全日本珠算選手権大会が開催されています。
昔はそろばんといえば習い事の定番でしたが、そろばん教室もあまり見かけなくなってしまいましたよね。

しかし、現在でもそろばんの授業は小学校で必修となっているようです。
これは生活の中では十進法の考え方が重要であり、そろばんを使う事によって「10」をまとまりとして、「位」という考え方を定着させるためのもだとされています。




そろばんで「ご破算で願いましては」と言う理由
そろばんを習ったことのある人は聞いたことのあるフレーズだと思いますが、そろばん教室などで先生が数字を読んで生徒が一斉に計算する「読み上げ算」をする時には計算を始める前に「ご破算で願いましては」と必ず言いますよね。
この言葉にはどのような意味があるのか皆さんご存じでしょうか。

読み上げ算は、江戸時代の商家で帳簿の計算をするときに番頭が金額を読み上げてそれを丁稚たちがそろばんで計算していたことから生み出された計算方法だとされています。
当たり前なのですが、当時の日本では漢数字しか使われておらず、しかも縦書きなので数字の判別がしにくく計算しづらかったのです。
そこで読み手とそろばんの使い手の2人1組で計算する読み上げ算が主流に。

「願いましては」という言葉は「これから計算をお願いします」という意味で、読み手が計算をする人に対して礼儀として根付いていったものです。また、「ご破算」という言葉は「次の計算に入りますからそろばんを0に戻してください」という意味。
しかし、「ご破算」という言葉は縁起が良くないので「ご和算」という言葉を使ったり、「ご破算」という言葉を入れず「願いましては」だけ使うことも少なくなかったようですよ。

【そろばんを制する者が天下を制する!?国税調査官が見た「戦国武将のお金事情」とは?】
▶お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない の試し読み


「そろばんの日」今の話題はコチラ

LOVOTの日


8月8日は「LOVOTの日」。OVEをはぐくむ家族型ロボット「LOVOT[らぼっと]」の開発を手がける GROOVE X 株式会社が制定。LOVOTは抱きしめたくなるほど愛らしいデザインで、感情を表す動きと大きな瞳の表情でコミュニケーションできるロボット。「命はないのに、あったかい。それは、あなたに愛されるために生まれてきた。」をコンセプトとするLOVOTを、より多くの人に知ってもらうのが目的。日付はLOVOTの形が球体を2つ重ねたイメージで、シルエットが数字の8に似ていることと、2体で協調して動くという特徴があることから8が2つ並んだ8月8日に。

「LOVOTの日」今の話題はコチラ

その他の記念日


はんざき祭りの日
爬虫類の日
潤う瞳の日
ドアリースの日
エプロンの日
オーシャンズ8の日
ペアリングの日
コルセットの日
タップルの日
クラッピーの日
しろたんの日
パブスタの日



前の日 < 8月7日は「バナナの日」「自分史の日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!