8月15日は「刺身の日」「すいとんで平和を学ぶ日」 2019.08.15 07:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

8月15日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
サンプラザ中野くんさん(59)
宇梶剛士さん(57)
麻生祐未さん(56)
中村光一さん(55)
石丸幹二さん(54)
ベン・アフレックさん(47)
大橋未歩さん(41)
秋山竜次さん(41)
ナオト・インティライミさん(40)
林剛史さん(37)
岡田将生さん(30)
萩野公介さん(25)
伊藤祐奈さん(24)
小倉唯さん(24)


本日誕生日を迎えるキャラクター

8月15日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『ガヴリールドロップアウト』胡桃沢=サタニキア=マクドウェル
『乙女はお姉さまに恋してる~2人のエルダー~』ケイリ・グランセリウス
『暗殺教室』烏間惟臣
『テニスの王子様』橘桔平
『ドラゴンボールZ』ベジータ
『聖闘士星矢』フェニックス一輝
『マクロス7』熱気バサラ
『カレイドスター』レイラ・ハミルトン
『ちょびっツ』ジーマ
『学園アリス』野田
『宙のまにまに』大八木 朔


刺身の日


8月15日は「刺身の日」。日付の由来は1448(文安5)年に刺身が始めて文書に登場したことから。
刺身という食べ物が初めて登場した文書は室町時代後期の書記官・中原康富によって書かれた日記でした。1448(文安5)年の日記によると「鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起り」とされています。
これが初めて文書に登場する刺身に関する記録だとされています。
日本は古来よりも肉食の文化ではなく魚を中心とした食文化だったので、生の魚が食べられるようになったのが室町時代に入ってからだとは意外ですよね。




刺身という言葉の由来
刺身という言葉を当たり前のように使っていますが、よくよく考えてみますと刺身という料理名は不思議だと思いませんか?
刺身は刺して調理されるものではなく、切って調理されるものなのになぜか料理名は「刺身」であり、普通は「切身」という料理名になりそうですよね。

これは刺身が誕生した頃にはまだ武家社会だったことが影響しています。
魚を捌く際には腹を切って調理しますが、「切腹」がまだ存在していた武家社会では腹を捌いて切って作られた「切身」なんて料理名があったら相当縁起悪いですよね。
そのため、「切身」ではない別の言葉がさいようされて「刺身」となったのでした。
また、「刺身」の事を「お造り」と呼ぶこともありますが、これは地域による差であり、関西地方では「切身」が切腹と同じ理由で縁起が悪いことから「お造り」という言葉が誕生して使われるようになったんだそうですよ。

【漁港でとれたての刺身を味わってみてはいかが?】
神奈川・伊豆・千葉・築地の漁港めし の試し読み


関西の漁港めし 関西Walker特別編集 の試し読み


「刺身の日」今の話題はコチラ

すいとんで平和を学ぶ日


8月15日は「すいとんで平和を学ぶ日」。愛知県犬山市で草の根の平和活動を行っている「すいとんの会」が制定。こどもたちに戦争や原爆の愚かさや悲惨さについて語り、戦時の代用食とされた「すいとん」を食べながら食糧難のことなどを話して平和の尊さを伝える。日付は1945年(昭和20年)8月15日の「終戦の日」は現在まで続く平和の始まりの日でもあるとして、平和を学ぶのにふさわしい日との思いから。

「すいとんで平和を学ぶ日」今の話題はコチラ

その他の記念日


親に会いにいこうの日
終戦の日



前の日 < 8月14日は「裸足の記念日」「ハッピーサマーバレンタインデー」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!