9月18日は「しまくとぅばの日」「かいわれ大根の日」 2019.09.18 07:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

9月18日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
神谷明さん(73)
うじきつよしさん(62)
中井貴一さん(58)
大貫亜美さん(46)
森薫さん(41)
稲本潤一さん(40)
早霧せいなさん(39)
山本侑平さん(32)
大森靖子さん(32)
反橋宗一郎さん(32)
福田彩乃さん(31)
山田裕貴さん(29)
杉野遥亮さん(24)
藤井直樹さん(19)


本日誕生日を迎えるキャラクター

9月18日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』本間芽衣子
『あんさんぶるスターズ!』守沢千秋
『絶対可憐チルドレン』皆本光一
『響け!ユーフォニアム』塚本秀一
『ミカグラ学園組曲』藤白おとね
『ログ・ホライズン』ミノリ
『ログ・ホライズン』トウヤ


しまくとぅばの日


9月18日は「しまくとぅばの日」。9月18日という日付が「く(9)とぅ(十)ば(8)」という語呂合わせであることが由来。
「しまくとぅばの日」とは沖縄県の記念日であり、沖縄県の言葉「しまくとぅば(島言葉)」を奨励する日となっています。また、方言に関する記念日が条例により定められるのはこれが初めてのケースだそうです。
「しまくとぅばの日」が制定されて以降は、9月18日に合わせて沖縄県各地で島言葉に親しむイベントや、島言葉の今後について考えるシンポジウムなどが開催されています。
ちなみに、沖縄の方言は「琉球方言」とも呼ばれ基本的には日本語と系統が同じとされていますが、琉球方言を知らない人とはあまりにも会話が通じ合わなくなることから、日本語とは別の言語とする人もいるそうですよ。




▲ハイビスカスは沖縄の花ではない
沖縄の花といえば「ハイビスカス」をイメージする方も多いのではないでしょうか。
沖縄県に住む人々からも親しまれていて、温暖な気候であることから沖縄県では1年中ハイビスカスの花があちこちに咲いています。
しかし、実はハイビスカスは沖縄県が原産地の花ではなく、ハワイやマスカリン諸島原産なんです。
元々ハイビスカスは沖縄県に持ち込まれたものであり、頑張って人の手で育てながら少しずつ数を増やしてきたため、現在では沖縄県のあらゆる場所で見られるようになりました。
見た目が美しいだけではなくその枝はかなり丈夫にできていることから、台風などが来た時に畑を守るために植えられたりもしているほど。
ハイビスカスはハワイなどと気候が似ていることや台風が通過しやすいことから、沖縄県にはぴったりのお花ですよね。
その丈夫なハイビスカスは意外にも暑さには弱い植物なんです。

特に35度を超えるような猛暑日にすぐに弱ってしまい、1日で花を枯らせてしまうことも珍しくはありません。
1年中咲いているイメージがあるかもしれませんが、咲いては枯れてを繰り返しているそうですよ。
そして、しぼんで枯れてしまったハイビスカスは次のハイビスカスが成長しやすいように人間の手で摘まれます。
沖縄で綺麗なハイビスカスを見ることが出来るのもそうした人間の努力によるものなんです。

【歴史から食べ物まで沖縄のことならこの一冊】
沖縄県謎解き散歩 の試し読み


「しまくとぅばの日」今の話題はコチラ

かいわれ大根の日


9月18日は「かいわれ大根の日」。1986年(昭和61年)に日本かいわれ協会(現・日本スプラウト協会)が、かいわれ大根のよさをアピールしようと設けた日。日付の9月はその会合を開いた月、18日は8の字を横にして1を立てると、かいわれ大根の姿(竹トンボ型)になるためだという。

「かいわれ大根の日」今の話題はコチラ

今日のラーメンは「【中華そば みたか(東京・三鷹)」



今日のラーメンは中華そば みたか。JR中央線・三鷹駅近くの地下にたたずむこと60有余年の老舗、江ぐちの歴史と味を受け継いだ地元民に愛される名店です。その特徴は野菜由来の甘く優しい味わいのスープ、まるで日本蕎麦のような超個性的な自家製麺、そして色とりどりの具材たち。三鷹の人たちのソウルフードともいえる至福の一杯をお楽しみあれ。

ラーメンWalker公式YouTubeチャンネル 随時更新中!



前の日 < 9月17日は「イタリア料理の日」「モノレール開業記念日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp