あなたの一票が今夏NO.1の映画を決める!ついラン夏の投票キャンペーン開催中【映画部門】  2019.09.30 20:45 UP

今年の夏も多くの新作ドラマや映画、アニメ、そして数々の芸能人がエンタメシーンを大いに盛り上げました。
そこでついランでは、『夏の投票キャンペーン』と題して7月~9月の夏クールを盛り上げた作品や芸能人をジャンルごとにノミネート。
ファンやユーザーの皆さまから投票していただいた結果をここに発表いたします!


夏の投票キャンペーン・映画部門の投票結果はコチラ!



  1. 凪待ち


  2. 天気の子


  3. 劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜


  4. プロメア


  5. アラジン


(※作品名をクリックすると、最新ツイートまとめを見ることができます)

1位を獲得したのは香取慎吾さんが「孤狼の血」の白石和彌監督と組み、ギャンブル中毒のクズ男というこれまでにない役柄に挑んだ「凪待ち」。
投票では、香取慎吾さんのこれまでのパブリックイメージを覆す演技を絶賛する声が多数寄せられたほか、「東日本大震災からの復興する人々をさりげなく喪失と再生というテーマで描いている点が素晴らしい」「決して愉快な映画ではないけれど、あっという間に引き込まれる」「心に深くずしりと残るものがある」など、物語自体のもつ力と深みについて評価する意見が多く寄せられました。

2位は「君の名は。」に続き、130億円という興行収入を叩き出した新海誠監督の最新作「天気の子」。投票では新海作品ならではの空模様など風景描写の美しさを称賛する意見のほか、「新海誠監督のアイディンティティが爆発した素晴らしい作品」とする意見も寄せられました。

3位は大人気ドラマを映画化した「劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」。
投票コメントでは「10回以上足を運んだ」「8回見ても飽きない」など、昨年のテレビドラマ放送時から変わることのない、ファンの熱の高さを感じされるコメントが多数寄せられました。

自由投票部門TOP3


ノミネート外の自由投票で1位を獲得したのは草彅剛さん主演の「台風家族」。諸事情により、一時は上映すらも危ぶまれましたが3週間限定での上映が決定。さらに、興行成績が好調のため上映延長が決定して注目を集めています。2位は稲垣吾郎さん主演の「半世界」。3位には玉森裕太さん主演で東野圭吾さんのヒット作を映像化した「パラレルワールド・ラブストーリー」がランクインしました。


その他の部門の結果はコチラ


男性芸能人部門
女性芸能人部門
アニメ部門
ドラマ部門
声優部門

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<映画の新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶

ついランTwitterをフォローしよう!

ついランfacebookに「いいね!」しよう!