10月27日は「テディベアズ・デー」「機関誌の日」 2019.10.27 08:00 UP

本日誕生日を迎える著名人

10月27日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
みんなからのお祝いツイートをチェック!
堀内孝雄さん(70)
阿部敏郎さん(66)
山村紅葉さん(59)
渡辺いっけいさん(57)
谷川真理さん(57)
高嶋政伸さん(53)
鈴木大輔さん(41)
小西真奈美さん(41)
塚本高史さん(37)
青山テルマさん(32)
長妻樹里さん(31)
上遠野太洸さん(27)
池田純矢さん(27)
工藤遥さん(20)


本日誕生日を迎えるキャラクター

10月27日生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます!
『アイドルマスターシンデレラガールズ』鷺沢文香
『悪魔のリドル』桐ヶ谷柩
『終わりのセラフ』クルル・ツェペシ
『ご注文はうさぎですか?』青山ブルーマウンテン(青山翠)
『咲-Saki-』宮永咲
『NARUTO-ナルト-』大蛇丸
『ネト充のススメ』桜井優太
『バンドやろうぜ!』巻宗介
『BanG Dream!』市ヶ谷有咲
『ファイアーエムブレムif』マークス
『BLEACH』志波海燕
『ワールドトリガー』二宮匡貴


テディベアズ・デー


10月27日は「テディベアズ・デー」。テディベア(Teddy bear)の名前の由来となったアメリカの第26代大統領セオドア・ルーズベルト(1858~1919年)・愛称「テディ」の誕生日であることが由来。
「テディベアズ・デー」についてはイギリスのテディベアコレクターの間で始められたことをきっかけとして始まり、この日には世界中で「心の支えを必要とする人たちにテディベアを贈る運動」が行われています。




テディベアの歴史!名前の由来はアメリカのルーズベルト大統領⁉
現在、世界中の子どもたちや大人に愛されているくまのぬいぐるみ「テディベア」。
テディベアのふわふわした独特の感触やその愛くるしい顔立ちはいつの時代も人々の心を癒してきました。
テディベアは100年以上にわたって世界中の人たちから愛され続けているマスコットですが、その誕生の裏には深い歴史とエピソードが存在しています。
今回は、「テディベアの歴史!名前の由来はアメリカのルーズベルト大統領だった!」というお話をさせていただきます。

くまのぬいぐるみとして知られるマスコットキャラクターのテディベアは今から100年以上前、1902年のアメリカで誕生。
当時、アメリカ合衆国は南部のミシシッピー州で紛争が勃発。その争いを調停するため、第26代大統領のセオドア・ルーズベルトが現地に到着します。
紛争はなかなか止める事が出来ず、行き詰っていたルーズベルト大統領は気分転換にクマ狩りに出かけました。

アメリカにはグリズリーを始めとした大型のクマがたくさん生息しているため、当時クマやその他の動物を狩るハンティングはスポーツとして親しまれていたのです。
意気揚々とミシシッピーの原野に繰り出しクマ狩りを始めたルーズベルト大統領でしたが、予想に反してクマは一向に出没せず、ついにルーズベルト大統領はお目当てのクマを一頭もしとめる事が出来ずに宿に帰る事になりました。
大統領の側近たちは、「アメリカ合衆国の大統領がクマ狩りすら出来ない」という噂が立っては大変と考え、あらかじめ生け捕りにしておいた生きた子グマをルーズベルト大統領の前に差し出して、「大統領、このクマを撃ってしとめてください」と言いました。

すると大統領は、「私がハンティングをするのは大型の大人のクマだけだ。生け捕りにした子グマを撃つなどという行為は、スポーツマンシップに反する。」と反対して子グマをミシシッピー州の原野に返したのです。
この心温まるエピソードを聞いた新聞社が自社の新聞に漫画としてルーズベルト大統領が子グマを逃がしたエピソードを掲載しました。

「ルーズベルト大統領が子グマを逃がしてあげた美談」の漫画は全米中に広がりました。ニューヨーク州のブルックリンでお菓子屋を経営していたモリス・ミットムもその漫画を目にした一人でした。

ミットムはルーズベルト大統領が逃がした子グマをモチーフにしてクマのぬいぐるみを製作。
クマのぬいぐるみに「テディ」というルーズベルト大統領のあだ名にちなんで『テディベア』と名づけたのです。
これが、後に世界中の人気マスコットキャラクター、テディベア誕生の瞬間でした。

大統領の心温まるエピソードをヒントにかわいらしいクマのぬいぐるみを作り出したミットムは、「大統領の名前をつけたぬいぐるみを勝手に販売してはいけない」と考え、許可をもらう為ルーズベルト大統領に手紙を書く事にしました。
ルーズベルト大統領はミットムのアイディアに感心し、快く「テディ」の名前をミットムが作り出したクマのぬいぐるみの名前として使う事を承諾。
これにより、ミットムが大成功を収める事になる「テディベア」のぬいぐるみは名実ともに「ルーズベルト大統領本人が公認したぬいぐるみ」として知られるようになります。

クマやテディベアが好きな人なら飛びついてしまう「テディベアミュージアム」。長い時間大事にされ、愛され続けたアンティークから、新しいこだわりの一品まで、さまざまなテディベアに出会えるので足を運んでみてはいかがでしょうか。
▶公式サイトはこちら

【テディベアに負けない!もふもふかわいい白熊に注目】
しろくま ミルク の試し読み


「テディベアズ・デー」今の話題はコチラ

機関誌の日


10月27日は「機関誌の日」。機関誌などの冊子、パンフレット、カタログ、ポスター、書籍などの商業印刷・出版印刷を手がける第一資料印刷株式会社が制定。機関誌の持つ多彩な魅力を伝えるのが目的。日付は日本で最初の本格的な雑誌とされる『西洋雑誌』が洋学者の柳河春三により創刊されたのが1867年10月であることと、機関誌の会員同士の「つな(27)がり」から10月27日に。

「機関誌の日」今の話題はコチラ

その他の記念日


読書の日



前の日 < 10月26日は「デニムの日」「柿の日」

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<トレンドの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp