【結果発表】投票で選ぶ「紅白に出てほしかった歌手No.1」はいったい誰? 2019.11.19 15:54 UP

大みそか恒例の『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が11月14日、NHKで発表された。
白組はKis-My-Ft2、、GENERATIONS from EXILE TRIBEOfficial髭男dism菅田将暉King Gnuの5組、紅組は日向坂46FoorinLiSAの3組が紅白に初めて出場する。
しかし、初出場する歌手がいる中で、様々な理由で出演しない歌手も存在する。
そこで、ついランでは今年の紅白に出場しない歌手の中から16組を選んで「本当は出てほしかったのは誰?」という投票を開催した。

投票候補の選出方法:11月1日から11月14日12時までの期間、Twitterで「紅白歌合戦」というワードと一緒にツイートされた芸能人を調査。紅白歌合戦に出場しない歌手からツイート数の多い上位16組を選出した。


ついランによる投票「紅白に出てほしかった歌手」得票数TOP5



  1. ジェジュン 4310票

  2. NEWS 3390票

  3. Sexy Zone 2937票

  4. IZ*ONE 467票

  5. スピッツ 248票

  6. あいみょん 248票


集計期間:2019年11月14日~11月18日

1位は「ジェジュン」


1位を獲得したのは、昨年3位だったジェジュンさん。今年はNHKの番組への精力的な出演、アルバム売上でのオリコン1位獲得などの実績から出演を希望する声が多数寄せられた。


2位は「NEWS」


2位は「NEWS」。「無理だと分かっているけれど、いつかは見たい」「ぜひ今年こそは」という意見が多く寄せられた。
また、紅白歌合戦の出場基準の一つに「のど自慢の予選でよく曲が歌われているかどうか」があることを知り、来年以降のためにのど自慢出場を申し込むファンの姿も見られた。


3位は「Sexy Zone」


3位を獲得したのは「Sexy Zone」。昨年まで出場し続けていたこともあり「何かの間違いではないか」「ショックだ」という意見が多く見られた。
また、14日の出場者発表後からファンによるハッシュタグ「#SexyZoneに花束を」がメンバーへの励ましの声が多数投稿されたことからTwitterトレンド入りするなどの話題を呼んでいた。


なお、ファン同士で声を掛け合って投票に参加するという行動パターンのせいか、得票率上位の歌手やグループは女性人気が高いという共通点があった。

投票結果の詳細はこちら







エントリー外ではこんな意見も








様々な理由で今年度の「紅白歌合戦」には出演しない、今回記事に登場した歌手の皆さん。
2020年度の紅白歌合戦では、彼らの姿が見られることを心より期待してやまない。

▶2018年の結果はこちら

<ツイートの表示について>
本サイトではTwitterの利用規約に沿ってツイートを表示させていただいております。ツイートの非表示を希望される方はこちらのお問い合わせフォームまでご連絡下さい。

<関連記事>

<テレビの新着記事>

<最新トピックス>

新着記事をもっと見る▶
いいね!
Follow @tsuiranjp